隣の岩(第二海丘)から見てみる

空を飛ぶ

カメのモニュメントを後ろにして沖の中層へ向かう。

テラスを超えると直ぐ深くなっている。

海底遺跡から隣の岩(第二海丘)まで中層を泳ぐ。

まるで空を飛んでいるよう。

ダイビング後半は深く潜れない

ダイビングの後半に深く潜れば体に溶ける窒素が許容量を越してしまう。

許容量を越せば陸上に上がってから体に溶けた窒素が体内で気泡となって重大な問題が生じる。

ちょうどビールの栓を空けたときに泡が出るのと同じ原理。

体のいたる所に気泡が生じる障害。

潜水病のひとつ。

減圧症

専門的には減圧症という。

ダイバーは減圧症にならないように深度と時間をコントロールしている。

現在はダイブコンピューターというものを使い深度と時間の管理を行うことがあたりまえ。

深い深度に落ちないよう上手に浮力をコンロールして泳ぐ。

第二海丘

ここも遺跡?

やがて大きな岩が見えてくる。

海底遺跡の隣の岩(第二海丘)。

深度と雰囲気は海底遺跡と似ている。

ただ海底遺跡は岩の縁が直角にカットした感じだったが第二海丘は削れて丸くなっている。

海底遺跡も縁を削るとこんな感じになりそう。

逆に第二海丘の岩の縁を直角にカットすれば海底遺跡と同じになる感じがする。

もしかして更に古い海底遺跡かも?

第二海丘の上から右側を見ると海底遺跡の全景が見える。

海底遺跡は10,000年前

自然物か? 人工か?

今まで5つの動画を見て何を感じる?

これは人間が作ったも?

それとも自然が作ったもの?

現在、正式な答えは出ていません。

この遺跡についての文献がない。

言い伝えも残っていない。

決定つける証拠がない。

10,000年前

今から10,000年前、氷河期の終わり頃、海面の水位は40mも低かった。

さらに6,000年前にかけて海水面は上昇し今より4m水位が高くなり、4,000年前に今の海水面の水位になったと考えられている。

深度40mの海底が波打ち際にあったとする。

そのころ遺跡が建造されたとすれば海底遺跡が作られたのは10,000年前に作られた事になる。

10,000年前にこの大きな遺跡を作る技術と文明が与那国島にあったのだろうか。

信じられなうが海底遺跡を見た後は信じたい。

やがて解明されるときまでは。