与那国島到着

羽田発第一便

羽田の朝は日の出を見ながらのフライト。

am06:40出発。

青い空と東の地平線から真っ赤な太陽の光を浴びる。

機体はゆっくりと空へと飛び立つ。

旋回して南へ、富士山も良く見える。

冬晴れの良い天気。

のはずが本土を超える辺りから雲が広がり陸や海など何も見えない。

ただひたすら雲海の上を飛ぶ。

予定通り3時間半で石垣島に到着。

与那国島は雨だった

石垣島の気温は18℃、雨。

風も強く、少し暗い感じ。

琉球エアーコミューターに乗り換え、石垣島を出立するときには薄日が差してきた。

フライト時間は30分、13:10に与那国島に到着。

やっぱり雨。

気温18℃、石垣島と変わらず。

東京の出発時の気温が3℃ぐらいだったので暖かく感じる。

冬服を着ているので汗が出てきそう。

与那国空港

ブルーウォーターダイビング

到着後に早速1ダイブ潜ってきた。

西崎(いりざき)ハンマーヘッド狙いのウォーミングアップダイビング。

ボートからエントリーするとそこは何処までも続く青い海。

水温は暖かく24℃、陸上より水中の方が暖かい。

透明度は40mぐらい。

とても綺麗に透けている。

ハンマーヘッドシャークを捜す

深度18mを維持し流れに乗りながらひたすらハンマーヘッドシャークを捜す。

水底が微かに見えるか見えぬかの中層をドリフトダイビング。

何処もかしこも青いのでブルーウォーターダイビングと呼ばれる。

たまにチラチラ見えるのはウメイロ。

大型の魚影の影はない。

微妙にハンマーヘッドシャークの群れとズレていた。

次につづく