世界最強の毒を持つマウイイワスナギンチャク

マウイイワスナギンチャクの毒

サンゴのようなイワスナギンチャク

ハワイのマウイ島の浅い海域には世界最強の毒を持つマウイイワスナギンチャクが生息している。

見た目はサンゴのキクメイシやノウサンゴに似る。

ポリプを出していればイソギンチャクらしく、ポリプを出していない時は石サンゴのよう。

世界最強の毒

イワスナギンチャクの仲間であるマウイイワスナギンチャクの持つ毒パリトキシンは世界最強。

フグ毒の50~60倍。

最強の毒ヘビ、インランドタイパンの250~500倍。

青酸カリの8000倍の強さ。

オーストラリアの殺人クラゲ、Sea Wasp、キロネックスより強い猛毒を持つ。

触っても上を通ってもいけない

マウイイワスナギンチャクに触ってはいけない。

触らなくとも、上を泳ぐだけで全身倦怠、筋肉痛と腹部の痙攣などを起こすことがある。

4cmほどのノウサンゴの子供に見えるマウイイワスナギンチャクがいる海へ入るなら、ウエットスーツ、ブーツ、グローブは必携。

間違っても水槽で飼育しようと考えてはいけない。

マウイイワスナギンチャクを食べる魚

このマウイイワスナギンチャクをエサとする魚がいる。

ハコフグ、ウミスズメ、チョウチョウオの仲間、アオブダイ、ニザダイの仲間、カワハギの仲間、ソウシハギなど。

これらの魚が猛毒マウイイワスナギンチャクを食べても死ぬことはない。

また弱ることもない。

食べた毒は体内に蓄積される。

食べてはいけない魚

もしマウイイワスナギンチャクをエサとする魚を食べたら寿命はない。

現地ではハコフグ、ウミスズメ、チョウチョウオの仲間、アオブダイ、ニザダイの仲間、カワハギの仲間、ソウシハギなどを食べない方が安全。

ハワイでは他にもカスミアジやカンパチなど大型アジにはシガテラ毒が存在する。

日本には

日本の海にマウイイワスナギンチャクはいない。

けれどその仲間のイワスナギンチャクはいる。

関東では房総、三浦、伊豆近辺から南、沖縄方面に生息する。

マウイイワスナギンチャクで家族4人全員が死にかける

イギリスの1家族

事件はイギリスで起こった。

幸せで健康な毎日を過ごしていた家族。

ある日突然、長男を激しい咳と頭痛が襲う。

同居している彼女にも症状が現れ、節々の痛みと吐き気の症状。

病院へ行くが診断結果は風邪。

また、病院にいる間は咳が止まる。

家にいると症状悪化

帰宅した瞬間からまた激しい咳が始まる。

そして病状は悪化。

やがて意識喪失。

両親も同じ症状、母親は呼吸困難。

父親も救急車を呼ぼうとしたが電話口で失神。

家族4人全員倒れる。

救急隊員にも症状

救急隊が到着。

救急隊員も家に入った瞬間から呼吸に違和感を感じる。

何か悪い空気でも吸っているような息苦しさ。

家族全員を病院へ搬送。

原因は水槽の中のマウイイワスナギンチャク

猛毒だと知らずに通販でマウイイワスナギンチャクを購入。

室内水槽で飼育。

このマウイイワスナギンチャクが毒を放出していた。

海水と一緒に蒸発、空気中に漂う

その毒が海水の蒸発と共に室内へ充満。

家族4人全員が気づかずにその毒を呼吸。

そして全員が症状を訴え倒れた。

救急隊が助け出さなけらば全員死んでいた。

気軽にイソギンチャクを飼育することは出来ない。

それほどマウイイワスナギンチャクの毒は強い。