グレープフルーツはどのように食べる?

グレープフルーツは砂糖をかける派?

昨晩、娘との会話。

「今日友だちから聞かれたんだけれど?」

グレープフルーツに砂糖をかける派?」

「あまり食べたこと無いから良くわからない。」

「思わず返答に困っちゃった。」

グレープフルーツってなぜ黄色なのにグレープなの?

グレープフルーツが日本の一般大衆のテーブルに乘るようになったのは今から50年以上前のこと。

それまではグレープフルーツという果物を知らなかった。

今では有名で1度や2度は誰でも食べたことがある果物。

店頭にも普通に並ぶ。

見た目は黄色だが中身はルビー色の果実だった。

最近のグレープフルーツは黄色のものが多い。

グレープフルーツはブドウのように小枝から房状に実がなる。

それゆえグレープフルーツの名がある。

グレープフルーツになぜ砂糖をかける?

最初の頃、輸入されたグレープフルーツは今のように甘くはなかった。

甘さ控えめ、酸味が強く食べづらい。

ゆえに※夏みかんと同じように砂糖をかけて食べた。

※昔の夏みかんは甘みが少なく酸味が強く砂糖をかけて食べた。現在は酸味の強い夏みかんはほとんど販売されず、甘味のある夏みかん、甘夏が販売されている。

この習慣が今でも残り、砂糖やグラニュー糖をかけて食べる人もいる。

ただ現在のグレープフルーツは改良され甘みもある。

砂糖をかけなくても十分美味しく食べられる。

砂糖をかけて食べるか、かけないで食べるかは好みの問題。

美味しいと思う食べ方で食べるのが1番。

グレープフルーツを実食して見た

グレープフルーツを洗い2つに切る

グレープフルーツ

久しぶりのグレープフルーツ。

切った瞬間、香りが零れる。

これは思っていたより皮が厚い。

昭和40年代最初のグレープフルーツ

スプーン

まずは普通のスプーンで出してみる。

50数年前の最初もこのスプーン。

グレープフルーツ

なかなか取れない。

ギザギザスプーン

そこで今度はギザギザスプーンギザギザスプーン。

グレープフルーツのために生れたようなスプーン。

グレープフルーツ

皮と果実の間にもナイフを入れて。

食べやすいように出してみた。

「全然食べやすい!甘い!砂糖なしで十分!」

砂糖が無くても十分甘い。

昔とは違うね。

砂糖かけグレープフルーツ

グレープフルーツ

それでもあえて砂糖をかけてみる。

さらに甘くなるが嫌ではない。

両方とも美味いと感じる。

両方とも好き。