魚一文字漢字

湯飲茶碗に書かれた魚の漢字

魚と書く漢字。

魚を一文字だけで名前を表す字。

湯飲み茶碗で見ることがある。

全て読めたら凄い。

読める字と読めぬ字。

今日の名前はいくつ読めるか。

今回は「に」から始まる魚へん1文字漢字の生物をご紹介。

「あ」~「と」までの魚へんの一文字漢字

「あ」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1020

「い」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1021

「う」「え」「お」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1022

「か」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1023

「き」「く」「こ」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1024

「さ」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1025

「し」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1026

「す」「せ」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1027

「た」から始まる魚へんの漢字はブログNo,1028

「ち」と「と」から始まる魚へんの漢字はブログNo,130を閲覧ください。

「に」から始まる魚へんの一文字漢字

鰊・鯡 ニシン

鮸 ニベ

「に」から始まる魚へんの漢字

鰊・鯡 ニシン

略字として鯟(とう)と書いてニシンと呼んでいる場所もある。

イワシを大きく平たくしたような形。

寒流系の魚、日本では北海道で水揚げされる。

カズノコはニシンの卵。

カズノコについてはコチラ➡クリック(子持ち昆布はニシンの卵(カズノコ) 偽物と本物と3種類)

春に沿岸へ群れで押し寄せて、浅場の海藻に卵を産みつける。

3枚におろしたニシンの干物を身欠きニシンと呼んでいる。

冷凍技術が発達していない昔、痛みやすいニシンを乾燥させ「身欠きニシン」として各地へ運んだ。

焼き物、煮物、フライ、マリネ、身欠きニシン、燻製、コンブ巻きで食べられる。

世界一臭い食べ物と言われるスエーデンのシュールストレミングはニシンを薄い塩水に漬けて発酵させたもの。

鮸 ニベ

海岸近くの浅い砂泥地に生息する。

ニベとシログチ(イシモチ)は良く似ている。

 

ニベもシログチも大きな耳石を持ち、グウグウと泣く。

ニベの方が大きく育ち80cmほどになるがシログチは半分の40cmほど。

ニベは外洋に育ち、シログチは内湾に育つ。

ニベのウロコには小さな黒い斑点があるがシログチは無地で斑点はない。

味はニベの方が上、血抜きと冷蔵状態が良ければ美味。

ニベは刺身、マリネ、焼もの、煮もの、フライ、天ぷら、ムニエル、バター焼き、汁もの、練り製品などで食べられる。

ニベの他にホンニべ、オオニベ、フウセイ、キグチ、コイチ、クログチ、シログチなどの種類がある。

次の「は」から始まる魚へんの漢字はコチラ➡クリック