鼻水とティッシュペーパー

花粉の飛ぶ季節

花粉の飛ぶ季節になりました。

花粉症の人にとっては耐え難いシーズンですね。

朝起きればクシャミで始まり、鼻水がタラリと垂れ、続いて鼻づまり、マスクをしても症状は緩和されない。

ティッシュが手放せない

ティッシュが片時も手放せない春です。

気を弛めれば鼻水が垂れていることも気づかず、恥ずかしい姿を見られてしまう事もあります。

ティッシュが無ければハンカチやタオル、手拭いで拭き取るしかありませんね。

今の時期はBOXティッシュが山ほどあっても困らない、逆に沢山あれば安心して鼻をかむことが出来ます。

このティッシュっていつ頃から使われていたのでしょうね。

ティッシュペーパー

6000年以上も昔

その歴史はかなり古く約6000年以上も昔のメソポタミア文明の頃に残っています。

「ハンムラビ法典」が刻まれた石柱には「勝手に他人の紙を使った者は鼻をそぎ落とす」。

エジプトのピラミッドにある壁画にはパピルスで作った紙で鼻をかんでいる姿が描かれています。

紙の文化はインド、中国に伝わり、日本へ入ってきます。

そして和紙が出来上がります。

和紙と現代の鼻紙であるティッシュペーパーは少し違います。

パピルス紙に比べれば比較的最近の話になります。

ティッシュペーパーの歴史

ティッシュペーパーはアメリカ生まれ

ティッシュペーパーが生まれたのはアメリカです。

第1次世界大戦中にアメリカ陸軍や赤十字は戦場での負傷兵の治療に大量の綿(わた・コットン)が必要でした。

しかし、大量の綿(わた・コットン)は簡単には入手出来ません。

綿(わた・コットン)は綿の木を育て、花が咲いた後に実がなり、その実が割れて綿が出てきます。

それを収穫し、乾燥させた物が機織りや治療で使う綿です。

綿を栽培するには暖かい土地で半年かかります。

必要な綿(わた・コットン)の不足に悩まされ、綿に変わる代替品が何かないかと模索していました。

最初のティッシュペーパー

アメリカのキンバリー・クラーク社は綿に変わる新素材を開発しました。

その時生まれたのが木材繊維(セルロース)を加工して丸めた新素材「セルコットン」、一種の紙綿です。

これが最初のティッシュペーパーです。

新素材セルコットン(ティッシュペーパー)を大量に生産して戦場へ送りました。

綿に代わる物として戦線の外科治療の現場で利用されるようになりました。

ティッシュペーパーは治療用の綿の代替えとして利用されただけではありませんでした。

毒ガスマスクのキャニスター

当時、塩素ガスなどの毒ガス兵器を使うようなっていました。

塩素ガスと言えば台所除菌剤や漂白剤からも発生するガスですね。

毒ガスから身を守るために使用されたのが毒ガスマスクです。

毒ガスマスクのキャニスターと呼ばれる空気を濾過、清浄する部分に使われたのが活性炭素の吸収能力とティッシュペーパーの濾過通気能力でした。

ガス通過部分に活性炭素を詰め、ティッシュペーパーで蓋をする感じです。

戦後大量に余ったティッシュペーパー

やがて第1次世界大戦が終了します。

すると必要の無くなったティッシュペーパーが大量に余ってしまいました。

戦争用に作った大量のティッシュペーパーが売れなければ会社としては大問題です。

化粧品の使い捨てハンカチ

考えたキンバリー・クラーク社は約100年前の1924年ティッシュペーパーを化粧品落しの道具として販売しました。

当時、化粧品を落とす時に女性たちはハンカチやタオルを使っていました。

使ったハンカチやタオルは洗って汚れを落とし、乾かし、繰り返し使用する面倒なものでした。

キンバリー・クラーク社はティッシュペーパーをただの化粧品落しの道具ではなく、使い捨てハンカチとして販売したのです。

使い捨てなので、使用後に洗ったり、乾かしたりする面倒がなく、清潔的で便利なティッシュペーパーはたちまち女性の心を捉えることになりました。

化粧用品ではなく使い捨てハンカチという使用目的なので男性にも隔たりがありません。

クリネックス(KLEENEX)ティッシュ

名前をクリネックス(KLEENEX)ティッシュとつけ、cleanなイメージを植え付け当時の消費者に清潔感を連想させました。

これが世の中にクリネックスティッシュが広まった最初です。

クリネックスティッシュはキンバリー・クラーク社が販売するティッシュペーパーの登録商標です。

アメリカではクリネックスティッシュが有名になりすぎてティッシュペーパーのことをクリネックスと呼んでいます。

そして世界へ広まっていきました。

日本に入ってきたのは1953年

けれど日本へ入ってきたのはかなり遅く、1953年に高級使い捨てハンカチとしてでした。

1963年になって山陽スコット(現日本製紙クレシア)が日本で初めてスコット・トイレットティッシュを製造発売しました。

翌1964年にはBOXティッシュが初めて発売されました。

その後、日本でもティッシュペーパーの使用は広まっていき、質も改良されていきました。

日本生まれのポケットティッシュ

販売促進品としてポケットティッシュが生まれ、宣伝広告を入れて無料で配られるようになりました。

海外ではティッシュペーパーの需要はあっても日本のようにポケットティッシュの需要は多くありません。

家庭ではティッシュペーパーを使用しますが屋外で利用するのは今でもハンカチが多く利用されているからです。

日本のティッシュペーパーの利用量はアメリカの3倍になります。

水洗トイレにティッシュペーパーは不向き

ティッシュペーパーはしっかりした繊維質の紙なので水洗トイレで流すのには向きません。

トイレットペーパーは水洗トイレで使用することを目的に作られ、水に溶けるように工夫されています。

ティッシュペーパーは水に濡れても直ぐには溶けず、排水溝を詰まらせる原因になります。

BOXティッシュやポケットティッシュは水洗トイレで大量に流すと目詰まりを起こしますので注意してください。

まとめ

鼻水とティッシュペーパー

花粉症には欠かせないティッシュペーパー。

紙の歴史は約6000年前から。

ティッシュペーパーの歴史

アメリカ生まれのティッシュペーパーは約100年前に生まれた。

綿の代替品として作られ、毒ガスマスクにも使われた。

戦後大量に余ったティッシュペーパーを化粧品を落す使い捨てハンカチとして販売で成功。

ポケットティッシュは日本生まれ。

日本のティッシュペーパーの利用量はアメリカの3倍。

水洗トイレにティッシュペーパーは不向き。