浦和競馬場散歩録

春のぬくもりに誘われて

立春を過ぎ暖かくい。

朝は寒かったが昼近くになるとポカポカ陽気。

空も何処までも青く快晴。

あまりに気持ち良いので浦和競馬場を散歩してみた。

といっても競馬をやるわけではない。

浦和競馬場入口

浦和競馬場
浦和競馬場正門

今日は場外馬券を販売している。

大きなレースが他の競馬場である時は場外馬券発売場になっている。

もちろん観客席にも入れる。

場外馬券発売場の日は無料で入れる。

浦和競馬場入口ロータリー

浦和競馬場
浦和競馬場ロータリー

競馬場の正門は大きなバスロータリーになっている。

周囲は民家でお店らしいものはあまりない。

でも競馬場内にはあるらしい。

浦和競馬や場外馬券の日はJR南浦和駅から往復の無料バスが出ている。

馬券を買わない人でも自由に乗れる。

歩いてもJR南浦和駅から20分、JR浦和駅からも20分。

競馬に勝った人はタクシーで、負けた人はバスか歩きで駅まで戻るようである。

浦和競馬場のコースへ入れる

JR南浦和駅

正門の右側にある道を下って行くと馬が走るコースへ出られる。

昼間はコースの中へも入れる。

入れないのは夜と競馬を開催しているときだけ。

浦和競馬場
浦和競馬場 コース入口 ①正門側

場外馬券の今日も競馬は開催してないのでコースへ入れる。

このまま、まっすぐ坂を下り白い門が少し開いた部分が入り口。

入り口は全部で4か所ある。

浦和競馬場のコースへ入る4つの入口

浦和競馬場

今日は正門側の①ではなく西側の②の入口からはいってみる。

どの入口も門が小さいので徒歩か自転車しか入れない。

許可もチェックも何も必要ない。

入場には誰彼の制限もない。

【神楽坂 ル コキヤージュ オーダー率50%超!テリーヌ ドゥ ショコラ】

浦和競馬場のコース内に入る

浦和競馬場のコース②の入口

浦和競馬場
浦和競馬場 西側コース入口

ご覧のとおり白い門の一部だけが空いている。

右側は競馬場の無料駐車場。

左側は直ぐに民家。

馬が走るトラックに入る

浦和競馬場
浦和競馬場 西コース入口

門をくぐれば、そのまま馬が走るトラック。

馬が走るレース場は土ではなく砂地だ。

浦和競馬場
浦和競馬場 コース

この砂のトラックをそのまま徒歩で横切って公園に入る。

レースの時はここをドンドコ馬が走る。

同じ砂の上を歩く。

浦和競馬場
浦和競馬場 第四コーナー

左を見れば第四最終コーナー。

一週1200m、左回り。

浦和競馬場
浦和競馬場 スタート地点

右を見ればここがスタート地点。

競馬開催時にはここにスタートゲートが設置される。

その向こうが観客席。

コース内は公園だった

浦和競馬場
浦和競馬場 芝

トラックを横切り中に入る。

左側は広い芝生。

浦和競馬場
浦和競馬場 公園

右側は公園のようになっている。

犬の立て看板

犬の散歩はOK!

ただし放し飼いはやめて、リードをつけて。

出した固形物はお持ち帰りください。

公園での禁止事項

  1. 紙くずや空き缶の投げ捨て
  2. オートバイの乗り入れ
  3. 芝生広場での球技
  4. ゴルフの練習
  5. 火気、危険物の使用
  6. 鎖を解いての犬の運動

団体で使用する場合は事前に申告を。

花壇

浦和競馬場
浦和競馬場 公園

公園の中の花壇。

冬でも花が咲いているのは嬉しい。

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

藤棚もある。

4月末には薄紫の花が咲く。

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

右はオオムラサキツツジの生垣。

手入れと管理をされている。

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

生垣の向こうにはグランドのような芝生がある。

観客席とグランド

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

グランドの前は観客席。

左側が昨年新しくできた観客席。

ここに座って興奮を楽しむ。

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

観客席の前の広いグランド。

芝生の刈込も掃除もきれい。

中ほどにあるのがモニター。

巨大モニター

浦和競馬場
浦和競馬場 巨大モニター

高さ8m、幅19mの巨大モニター。

この画面にオンタイムでレースが映し出される。

今日も何処かのレースが流れている。

さらにこの先にも芝生の広場と土の広場がある。

調整池

浦和競馬場 公園
浦和競馬場 公園

モニターの裏、北側へ進めばフェンスで囲まれた池がある。

中に入ることは出来ないがどんな魚が棲んでいるのか?

春にはカエルの声が聞こえてくる。

浦和競馬場 藤右衛門川
浦和競馬場 藤右衛門川

藤右衛門川(谷田川)

池の水はその奥にある藤右衛門川(別名:谷田川)につながっている。

大水が出た時はこの池が調整池となる。

競馬場の中を川が流れているというのは珍しい。

見えないが大きな鯉と大きなミシシッピーアカミミガメが沢山いる。

浦和競馬場
浦和競馬場

川を渡ればゲートボールができる広場が続いている。

浦和競馬場 藤右衛門川
浦和競馬場 藤右衛門川

藤右衛門川の川上側では浚渫(しゅんせつ)作業をしている。

川底に溜まった泥をパワーシャベルで取り除き、川底を深くする。

こうしないと大雨のときに洪水になりやすい。

藤右衛門川のここより上流は道路で蓋をされて見ることが出来ない。

浦和競馬場 撮影塔
浦和競馬場 撮影塔

背の高い撮影塔

背の高い火の見櫓のような撮影塔。

各コーナーに4つある。

浦和競馬場 監視塔
浦和競馬場 監視塔

下の階段を上って入るのだろう。

きっと眺めが良さそう。

テレビカメラでレースを撮影する。

内側を一周するだけでも良い運動、街中を歩くより気分は上々。

レース場に無断で入れるというのは嬉しい。

ちなみに競馬をしないので競馬の細かいことはわからない。

浦和競馬場は民家の中にある競馬場。

累計50万本の大ヒット「北斗の拳」酒蔵はここで【峰松酒造場】