晴れてるけど雨

雨がぱらつく

ダイビングを終え海から上がる。

まだ雨はパラついているが太陽は出ている。

風は西南西の強い風なのに南西側が山の江之浦ではほとんど吹いていない。

正面の海は湖のような静けさ、水平線に近い沖では沢山の白波がウサギのように跳ねている。

春陽気

風がなく、陽があたり暖かく、気温は13℃まで上がった。

堤防の隙間には黄色い花が咲いていた。

菜の花?かと思ったがどうやら違う。

暖かいので春と間違えたのか。

虹の色とダブルレインボー

虹レインボー

東にある太陽の光を受け西側の山に虹の橋が掛かっていた。

江之浦では朝雨が降っていながら太陽の光が陽すとき、虹がよく出る。

虹が出るときは太陽の反対側に雨が降っていること、そして太陽の光が横から当たることが条件だ。

ゆえに決まって同じ条件の時に同じ場所に虹がかかる。

虹が出やすいのは朝か夕方の日が傾いているとき、夏の正午は真上から太陽の光が降るので虹は出にくい。

朝は西側に虹が出来、夕方は東側に虹が出る。

虹の7色の順番

奇麗な虹には決まったルールがある。

それは7色の配色の順番だ。

上から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順番、この順番は何処で虹を見ても変わることが無い。

国によって7色ではない

ただこれは日本での考えでアメリカやイギリスでは赤、橙、黄、緑、青、紫の6色、ドイツでは赤、橙、黄、緑、青の5色と国によって違う。

日本でも沖縄では赤、青の2色としている。

雨や霧の水滴の大きさや形、太陽の光の条件が変われば2色の虹、白い虹、赤い虹などもできる。

でもよく見られる虹は7色の虹、色の順番も同じ。

そんな虹でも色の順番が反転する時がある。

それは虹が二重に出る時だ。

色が反転するダブルレインボー

この時も虹が一つだった。

けれど坂を昇り少し高い場所に移動すると二重の虹、ダブルレインボーが見えた。

しっかり見える虹の上側にうっすらともう一つの虹が見える。

下側の虹はいつもどおり上から赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の順番、けれどうっすらした上側の虹は紫、藍、青、緑、黄、橙、赤の正反対の順番になっている。

ダブルレインボーの時は必ず色が反転する。

今まで一度だけ見たことのあるトリプルレインボーでは、3つ目の虹は更に色の順番が反転していた。

普通の虹は数分で消えることが多い、けれどこの日の虹は珍しく午前中ずっと見えていた。

よほど条件が良かったのだろう。

そして太陽の位置が徐々に高くなるにつれ虹の位置は段々低くなっていった。

今年最初のレインボーそしてダブルレインボー。

もし虹を見つけたらその上をじっくり捜すとダブルレインボーが見つかるかもしれない。