温泉リゾートの散歩道

部屋からビーチレストランまでの道

もしバリ島時間が正確に私のスマートホンに表記されていれば、朝食のためリーゾートの庭園をゆっくり散歩し、散策しながらレストランまで行こうと思っていた。

それはこんな具合だ。

部屋の外に出る。

すぐに目につく女人像

斜面に沿って道を下って行けば海辺のレストランまで辿り着ける。

女性像
女性像

部屋を出ると最初に見えてくる女性像。

なんとも言えない彫刻。

頭は横に流れている。

この像の後ろは温泉になっている。

一つ目の温泉

一つ目の温泉
一つ目の温泉

24時間自由に入れる温泉、こちらは共同風呂。

部屋の真ん前にあり、浸かるとイオウの匂いがする。

シルバー製品を黒く変色する。

湯の温度は熱すぎず、ぬる過ぎず、丁度良い。

ウォータースタンド

ブーゲンビリアとウォータースタンド
ブーゲンビリアとウォータースタンド

ブーゲンビリアが綺麗。

日本では蛇口をひねれば飲める水が出る。

海外は違う。

蛇口から出る水はそのままでは飲めない場合がほとんど。

お金を出してミネラルウオーターを購入して飲む。

写真の電話ボックスのようなものはウォータースタンド。

冷たいミネラルウォーター、ぬるま湯、熱湯と3種類がボタン一つで選べる。

とっても便利、ペットボトルへ入れればミネラルウォーターを買う必要も無い。

バリ風石灯篭

灯篭
灯篭

カメレオン?と植物の彫刻。

中には裸電球が入っていて夜には照明の役割を兼ねた石灯篭。

ここを境にフロント、コテージ、プール、レストランと4方向に道が延びている。

レストランまでの歩道
レストランまでの遊歩道

木と緑に囲まれた遊歩道。

芝生の中には子供が遊べる公園のような施設もある。

一つ目のプール

Firstプール
Firstプール

コテージの直ぐ近くにあるプール。

白い像から温泉が注がれ、水はぬるいぐらい。

長さは20mほど、背の立つところもあれば2m以上の深さの部分もある。

休憩ようベッドが8つほど用意され、自由に使えるプールタオルが嬉しい。

プルメリアの白い花
プルメリアの白い花

プルメリアの白い花が美しい。

数カ所で咲き乱れ、甘い香りを運んでくる。

水に浮かぶ花びらも情緒がある。

ここから海辺

3匹の象

3匹のゾウ
3匹のゾウ

所どころにある動物の白い像が楽しい。

ここは3匹の小さな象がならんでいる。

誰がやったのか1匹だけ鼻が折れている。

人気のSPA

spaの入り口にある女性像
spaの入り口にある女性像

spaのエントランスにある女性像、首が強そうだ。

壁にも彫刻が彫られている。

値段も安く女性に人気のSPA。

ダイビング後に1時間半のコースを予約していた。

2つ目のプール

secondプール
secondプール

海辺にあるプール。

もうひとつのプールのように休憩ベッド、プール用タオル、シャワーが用意されている。

深い所で2.5m近くあり、ダイビング講習もできる。

海から帰ってきたらまずここでスイミング。

体が冷えたらすぐ隣にある温泉で温まる。

2つ目の温泉

プール横の温泉
プール横の温泉

こちらが2つ目の温泉。

海とマングローブを見ながらの入浴。

やや暑い温泉。

日焼けした肌には痛い。

3つ目の温泉

プール横の温泉part2

隣に並んだ3つ目の温泉。

やや広く深さも胸ぐらいある。

湯の温度はこちらの方が低いので日焼けした肌には丁度良い。

数分も入るとすぐ温まる。

心温まる像

レストランにあるちょっと恥ずかしい像
レストランにあるちょっと恥ずかしい像

レストランのエントランスにある像。

なんともユニークな雰囲気。

バリの人の寛容さが現れている。

風吹き抜けるレストラン

レストランの離れ
レストランの離れ

海辺にあり、朝風もよくはいる。

ダイビングもこの浜から出発する。

レストラン前のビーチ
レストラン前のビーチ

夜のセレモニーやダンスパーティーがあるときはこのビーチが飾られ舞台となる。