犬を飼う前に知っていて欲しい犬の気持ち

飼う前に

私の寿命は10年です。

長ければ15年ぐらい生きられるかもしれません。

確実にあなたの寿命より短いのです。

けれど10~15年は長いです。

何があっても最後まで、あなたのそばにおいてもらえますか。

私を飼う前にどうかそのことをよく考えてください。

考える時間、覚える時間

時間をください。

私にはあなたが言ってることが解りません。

あなたが私に望んでいることを、ちゃんと分かるようになるまで少し時間をください。

信じて頼る

私を信頼して下さい。

それが何より嬉しいのです。

私が理解出来なくて嫌な思いもさせてしまいますがあなたが私を信じていてくれる目が好きです。

犬はあなたに話したい

怒り続けないで

私のことをずっと叱り続けたり、罰として閉じ込めたりしないで下さい。

長く怒られてると怒られてる訳を忘れてしまいます。

あなたには仕事や楽しみもあるし、友達もいるけれど、私にはあなたしかいないのです。

話しかけて

私に話しかけて下さい。

たとえ、あなたの話す言葉はわからなくても、話しかけて欲しいです。

あなたの声を聞けば私に何を言ってくれているのか理解できます。

時おり野生が出てしまう

あなたは私にどんなふうに接してくれてますか。

あなたがしてくれたことを、私は決して忘れません。

でもたまに野生に戻ることを許してください。

これだけはたまりません。

気持ちが流行ると止まらなくなります。

叩かれれば痛い

私を叩く前に思い出して下さい。

叩かれれば痛いです。

気持ちも痛いです。

私には、あなたの手の骨など簡単に噛み砕ける歯があります。

けれど決してあなたを噛まないようにしています。

痛くても我慢しています。

噛みたくはありません。

犬

私が動けない理由も考えて

言うことをきかないとか。

手におえないとか。

怠け者だと叱る前にそうさせてしまった原因が無かったか。

もう一度考えてみてください。

ちゃんとした食事をさせてもらっていたでしょうか?

暑い炎天下に、長い間放っておいたことはなかったでしょうか?

老いた私の心臓が弱って動けないのかもしれません?

犬は確実に先に世を去る

最後まで面倒見て

私が年老いてもどうか最後まで世話をして下さい。

私はあなたより早く歳をとります。

確実にあなたより先に世を去らねばなりません。

死ぬときは側にいて

最期のお別れの時には、どうか私のそばにいてください。

「つらくて見ていられない」とか。

「立ち会いたくない」とか。

そんなこと、言わないでください。

あなたがそばにいてくれるなら私はどんなことも受け入れます。

そしてどうぞ忘れないで。

私がいつまでもあなたを愛していたことを。