1月15日 成人の日

しばれる成人の日

今日は特別寒い。

指先までジンジン痛み凍るよう。

日本列島の日本海側では沢山の雪が降っている。

昨日からの大寒波が威力を発揮。

今年の冬はとにかくしばれる。

そして本日1月15日と言えば成人の日。

大振袖の着物

成人の日と言えば女の娘は大振袖のまばゆいばかりの着物を着て白いショールを首に巻く姿を目にする。

地域の式典に参加しその後は知り合いと宴を催す。

西暦1999年まで成人の日は1月15日だった。

そして祝日。

今から18年前の事。

ハッピーマンデー

法律の改定があり2000年から成人式の日は15日より前の月曜日と決まり、祝日となった。

ハッピーマンデー制度。

この年より毎年正月明けに連休ができた。

正月休みの後に直ぐに連休がある。

休みの連続という形のカレンダーができ上がった。

元服(げんぷく)

成人を祝う元服

昔は小正月でもある1月15日が元服の日だった。

成人を祝う儀式が元服。

この元服の日に子供を卒業し、大人の仲間入りをする。

成人としての責任を果たすことになる。

元服の儀式

男子の元服は前髪を剃って、月代(さかやき)にする。

この日を最初に褌(ふんどし)を締め、お祝いをした。

昔は元服を過ぎるまで褌を締めることは許されなかった。

女子の元服では禿(お下げの髪型)だった髪を初めて結上げにした。

眉を剃り、鉄漿(お歯黒)にし、着物も長い振り袖から短い留袖に変えた。

元服の日が成人の日に

その元服の日を1948年から1月15日を成人の日と決めた。

現代では、各市町村で袴や着物、スーツを着て祝う。

また家庭では赤飯を炊いたりする。

酒、たばこも20歳になった成人の日から解禁。

成人の日は変わり、今年は1月9日の月曜日。