市原悦子さん死去

心不全

一昨日1月12日あの市原悦子さんが亡くなられた。

死因は急性心不全、年齢82歳。

あのちょっと優しそうなしゃべり方が好きな女優さんだった。

日本昔ばなし

特に日本昔ばなしの声優としての語りはとても素晴らしい。

子供だけでなく大人が見ていても夢中で見てしまう。

44年前

日本昔話が始まったのは1975年1月7日が最初の放送、今から44年前になる。

主題歌「坊や~良い子だねんねしな 今も昔もかわりなく 母のめぐみの子守歌 遠いむかしの物語り♪」を聞くと懐かしい。

最初の放送は30分番組で前半、後半と2話の物語が語られた。

市原悦子さんの相手の男役の声優は常田富士男さん、この2人で何人もの声を使い分ける。

そして、むか~し むか~し と話が始まり進んでいく。

日本昔ばなしの始まり

1月7日

前半 こぶとり爺さん 第一話

絵も単純で動きも単純なのだが物語をみているようだ、11分弱のものがたり。

後半 傘地蔵

お地蔵さん寒かっただろうね。

この2話が44年目にテレビで放送された。

その後毎週2話づつ物語がかたられた。

1月14日

前半 八化け頭巾

きつねも色々考えるんだね。

後半 舌切り雀

いじわるな婆さんは昔からいる。

でも舌を切ったら痛いよね。

1月21日

前半 さるかに合戦(音だけ)

画像が無いのが残念。

後半 たのきゅう

ひとりで真夜中に山道を歩くのは怖いよな~

1月28日

前半 ぶんぶんく茶釜

たぬきの綱わたりだよな。

後半 火男

なんでお婆ちゃんは欲深なのかね~。

2月4日

前半 桃太郎

小学生の頃、劇で鬼役をやったのを想い出す。

後半 豆つぶころころ

鬼はお金持ちなんですね。

そして毎週話は続く

しっぽの釣り
雪女
夢を買う
三年寝太郎
カチカチ山
天福地福
鶴の恩返し
たにし長者
雀とキツツキと山鳩
かぐや姫
花咲か爺さん
塩ふきうす
浦島太郎
わらしべ長者

この年は3月末まで3ヵ月連続した。

35年連続

毎週

翌年から1994年8月までほぼ毎週2話づつの物語は35年も続いた。

その後、スペシャル、特別番組なども含め1468話の日本昔話を語った。

知ってる話もよりも知らない物語の方が多くなっていく。

日本にはこんなに沢山の昔話が実在したのだろうかと不思議に思う。

今も市原悦子の声を聞ける

市原悦子さんの声を聞くことが出来る。

一話でも聞くことが供養になるような気がする。

市原悦子さん長い間お疲れさまでした。

これからはゆっくり休んでください。