大島は荒れていた

吹き返しの風

やはり吹き返しの風は止んでくれなかった。

それどころではなく、結局3日間も南西の大風が吹き続けた。

おかげで野田浜やケイカイ方面のポイントは波ウネリで入れない状態。

秋野浜だけ

陸地のポイントで入れるのは島の北東側にある秋野浜だけだった。

せっかく大島まで来たのにちょっと寂しい。

台風で来れないことを考えればまだ良いのだがそれでも物足りない。

野田浜

風が直接当たる野田浜は

ごらんのように荒れている。

それに比べ秋野浜は三原山の風影になり、海岸付近に風はない。

ただし、沖は相当な風が吹いている。

野田浜と比べるとウソのような静けさだ。

秋野浜渋滞

この後、島中のダイバーがこの秋野浜に集まってダイビングをする。

駐車場は満杯だ。

水中もゴッタがえしに人間だらけ、さらに海水浴のお客さんまでいることだろう。

海の黒いダイヤモンドクロマグロ

沖の根に潜りたい

幸いなことに今回はボートダイビング、混んでいる秋野浜へは潜らなくて済む。

港も北東側にあるので波の影響も少なく出船も決定している。

しつこいようだがやはり北西側のポイントに入りたい。

流れがとても早く、海のパワーを感じさせてくれるポイントだ。

タカベとイサキがナイヤガラの滝のように降ってくるあのシーンが見たい。

大きなクエ、テングダイ、ヒゲダイ、トビエイ、数えきれないキンギョハナダイの宝石を見たい。

偶然が重なればブリの群れやシュモクザメにも会えるかも?

などと淡い期待を持たせてほしい。

ヨウゴシ

けれど現実は甘くなく、波のない北東のボートポイント「ヨウゴシ」で潜った。

離れの磯の沖側に潜る。

流れがあるがさほど強くない。

南から北へと流れている。

コンデション良好タカベ

水温は25℃、透明度は20m以上ある。

なかなか綺麗だ。

直ぐに表れたのはタカベの群れだ。

大きさ25cmサイズ、背中は黄色く輝き、ウメイロモドキを想像させる。

脂がのって今が旬、1匹800円前後もする魚。

煮て良し、焼いて良し、刺身でも良し。

けれど今回、口の中に入ることはなかった。

どれぐらい?いるのか大島のイサキ

そして次に現れた群れはイサキ。

その数が凄い、何処にでもいる。

ゆっくり泳ぎながら中層に漂うプランクトンを捕食している。

ときおり大きなカンパチが追いかけるとその瞬間だけ群れがパッといなくなる。

その躍動感あふれる動きがたまらない。

流れの先端

深度22m、流れの上、岩場の先端に出た。

これより先は砂地でゆっくり深くなる。

岩場の下流側へ行けば魚は少なくなる。

ここが際だ。

もし回遊してくる大物がいればここを通る。

少しの間、ここで潮を待つことにした。

出た!

そして現れるまであまり時間はかからなかった。

流れの下から上へ、左から右へ、大きなシルエットをマスク越しにとらえた。

デカイ!

イソマグロ?

シルエットが似ている、けれど違う。

キハダマグロ?

ヒレが違う。

もしかして黒いダイヤモンド?

クロマグロだ!

数は5匹、大きさは1m以上、重さは20~30kgぐらい?

ゆっくりと近づくも流石に早い、あっという間に消えた。

けれど、たぶん脅かしていないのでもう一度回ってきそうだ。

2~3分するとやはり現れた。

大きさは同じクロマグロ、数は6匹。

確かに見た。

写真は撮らなかった。

見ることを最優先に、撮っても距離があるので影しか写らない。

大島でクロマグロを水中で見る。

素晴らしい。

ダイバーでクロマグロを見た経験を持つ人は少ないはずだ。

貴重な経験だ。

私は昔、マレーシアのラヤンラヤンで見たドラム缶サイズのクロマグロに続き2回目だ。