2ダイブ目の出航

エメラルドグリーン

昼食を終え、いよいよ2ダイブ目の出航。

陽射しも降りてきて海の色がひときわ美しい。

港を出れば直ぐに透明度が上がる。

エメラルドグリーンに見える水底は真っ白い砂地であることを意味する。

ケラマ エメラルドグリーン

白い砂地の海底

日本列島本島の砂地ほとんどが火山で出来た岩が砕けた砂なのでこのような色にはならない。

沖縄などの南国ではサンゴが砕けて出来た砂なので白い。

それゆえにこの素晴らしい海の色が出来る。

関東近辺の伊豆の白浜や伊豆七島の新島と神津島にも白い砂浜があり、エメラルドグリーンの海が見られる。

ケラマ 嘉比島

ボツンボツサンゴ

オオイソバナ

移動時間10分ほどで2ダイブ目のポイントに到着。

無人島の嘉比島の南側にある「ボツンボツサンゴ」というポイントだ。

パーマネントブイにボートを係船してダイビングが始まる。

水深5mから26mまで斜面を降りていく。

所どころにオオイソバナが点在する。

オオイソバナ03

ライトを当てると赤く発色する。

竜宮城にある海の中の花だ。

オオイソバナは動物

オオイソバナと言う名前のこの生物、実は植物ではなく動物である。

植物は太陽の光を受け、光合成をして自分の体の中で栄養分を作る。

動物は体外から栄養分を取り入れる、一般には食べると呼ばれる行動だ。

オオイソバナはサンゴの仲間で赤い枝に沢山のポリプ(触手)をつけプラントンを捕食して栄養を取り入れている。

写真で見ると赤い枝の部分についている白い部分が全てポリプだ。

ポリプは小さく裸眼では判断しにくい。

オオイソバナが美しい

白い砂の水底と青い海、そしてオオイソバナの取り合わせが美しい。

竜宮城

まさに竜宮城の入り口だ。

オオイソバナと小魚

小魚たちも棲家としてオオイソバナを利用している。

大きな魚に襲われたときに逃げる家だ。

この大きさの小魚がオオイソバナのポリプに捕食されることはない。

オオイソバナ02

この色だけで満足だ。

赤の濃いオオイソバナの向こうに景色が見える。

陸上に持っていけるなら持って行きたいがオオイソバナは直ぐに死んでボロボロになってしまう。

深海に生息する赤サンゴや桃色サンゴとは違う。

海中の中だけで見られる海のお宝だ。