紅白歌合戦はめでたいのか? 416

大晦日の夜

紅白歌合戦の視聴率

大晦日は紅白歌合戦を見たであろうか?

視聴率は過去ワースト3位だったと報告がでている。

最近のリモコンのおかげで私はテレビサーフィンをしていた。

正直に言うと紅白歌合戦を全て見たいとは思っていない。

話題の安室奈美恵の歌は見たい聴きたいと思っていた、外にも聴きたい曲は何人かいる。

けれど良く知らない歌や歌手もいる。

昔ほど紅白歌合戦に執着はない。

何を見ていた

かと言ってお笑い番組は見ない、最近のお笑い番組は笑えないのである。

なので昭和歌謡のチャンネルや格闘技のRIZINやボクシングなどを見ていた。

メインはRIZINで試合と試合の合間のインターバルが他のチャンネルへ変わる時間だ。

紅白歌合戦でなくてもその人たちの曲を聴くことが出来るし、何故男性と女性で歌の人気を勝負するのかの目的も解らない。

男性でも女性でも歌声が心に響いてくれれば良い歌だ。

紅白戦の意味

紅白歌合戦はめでたい?

紅白歌合戦というと紅白がつくのでめでたいような気にさせられる。

紅白歌合戦はめでたいかというとそうではない。

運動会も紅白戦で点数を争ったりしているが別にめでたい訳ではない。

黒白戦では葬式の時の色なのでそれよりは紅白戦の方が良いだろう。

生徒の人数が多かった中学生時代は赤色と白色だけでなく、ほかに黄色、緑色、紫色の5色で体育祭の勝ち負けを競っていた時代があった。

紅白戦とは何か

もとは今から833~841年前、平安時代後半の源平合戦が始まりと言われる。

平清盛と源義経が有名だ。

途中で勢力を持っていた平清盛は熱病で亡くなり、最後は壇ノ浦の戦いにて源氏が勝利し、平家は滅亡した。

このとき同士討ちを避け、敵味方を区別するために行ったことが紅白の印だった。

源氏側の武者は白い旗をつけ、平家側の武者は赤旗をつけて戦った。

これより2つの勢力で競い合うときに紅白戦という名が使われるようになった。

ゆえに紅白歌合戦も運動会の紅白戦もめでたいような印象を受けるがお祝いの紅白とは全く別な意味である。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA