今日も入れず江之浦 獅子浜ダイビング 335

今日も入れず江之浦 獅子浜ダイビング

連続4回目

出発は雨

夜中に降った強雨は早朝にはポツリポツリと小ぶりになった。

浦和を出て首都高に入る頃に雨はあがり曇り空が広がっていた。

北東の風6m

微妙な風向き

江之浦にとっては正面から入る風方向

6m吹くと波も出る。

風向きが僅かにずれれば波の無いこともある。

現地について海を見てみなければわからない。

南の空は明るく晴れてきそうな雰囲気

東名から小田厚道路

道は徐々に乾いていく

江之浦の海は微妙

到着した江之浦は微妙な海況だった。

風波がちゃぽちゃぽある。

しばらく見ていると大きなうねりが入ってくる。

昨日の低気圧の影響がまだ残っている。

水色は半濁した緑色

水面に長くいるとちょっと辛い

潜るなら

エントリーしたらすぐに潜降して深度6m以深度へ行ければ大丈夫

エキジットも水面に上がったらさっさとエキジット出来れば大丈夫

水中は昨日の雨で白濁り、うねりも入り水底の砂も舞う。

透明度も期待できない。

初心者向けのコンディションではない。

しばらく考えるも諦めて、風の影響のない西側の沼津方面へ行くことにした。

獅子浜へ

移動50分

獅子浜まで江之浦から50分ほど

海岸線を熱海まで走り、熱海函南道路で伊豆の山を縦断する。

山を下り函南を越え、長岡を通り抜ける。

狩野川放水路沿いに海へ出ると駿河の内浦湾に出る。

放水路を渡りトンネルを沼津方面へ走れば直ぐに獅子浜

風も波もない

海は波ひとつない、もちろんうねりもない

風も感じない

湖のような海だ。

箱根の山が北東の風を防ぎここ獅子浜は無風状態だ。

遠く対岸側は北東の風の影響を受けている。

空にかかっていたどんよりした雲も白い雲に変わり、陽射しまでさしてきた。

青空はもうすぐそこ

目の前まで迫っている。

同じ海でも山と海の方角の違いでここまでコンディションが違う。




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA