いつから始まった?ホワイトデー 132

いつから始まった?ホワイトデー

今日はホワイトデー

3月14日の今日はホワイトデー

昔は無かったホワイトデー

誰が決めたかホワイトデー?

なんのためのホワイトデー?

 

昔は無かったホワイトデー

昔はホワイトデーという言葉はありませんでした。

3月14日の記念日も当然ありませんでした。

突然生まれたホワイトデー

あるとき突然3月14日のホワイトデーは生まれました。

チョコレートを貰ったお返しにはマシュマロを渡すとか

キャンディーを渡すという説もありました。

現在はチョコレートもお返しの代表になっています。

日本で生まれたホワイトデー

海外ではこのような習慣はなく日本で生まれたものです。

そしてその真相は

 

仕掛け人は菓子業界

バレンタインデーのチョコレートが定着すると菓子業界では売上げを伸ばすためにビスケットやキャンディー、マシュマロを送るお返しの日を作りたいと考えました。

昭和40年(1965年)代に業界では個々に独時のお返しの日を作り宣伝を始めました。

つまり最初は日付もバラバラでホワイトデーとい言葉も無く、バレンタインデーのお返しに菓子を送ろうと宣伝したわけです。

これでは人の心に響かないし、定着もしないですね。

最初は不二家とエイワ

不二家とエイワ(マシュマロなどを作る菓子メーカー)が協力をして1973年3月14日を「メルシーバレンタイン」としてチョコレートのお返しにキャンディーやマシュマロを送ろうとキャンペーンを開催しました。

けれどあまり定着しませんでした。

全国飴菓子工業協同組合が制定

全国飴菓子工業協同組合は1978年に「キャンディーを送る日」として3月14日を「ホワイトデー」と制定し、2年後の1980年よりイベントやキャンペーンを始めました。

これより毎年3月14日が近くなるとホワイトデーは大きく宣伝され人々の心に定年行事として浸透していきました。

そしてホワイトデーにはバレンタインデーのチョコレートのお返しにキャンディーやマユマロをプレゼントするということが習慣になっていったのです。

また同じ時期に九州の福岡でもホワイトデーの仕掛け人がいました。

次は「福岡ホワイトデーの仕掛け人」です。

 




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA