皮膚と紫外線とガン

太陽

夏は紫外線が強い

いよいよ夏。

太陽の陽射しが眩しい。

紫外線も強く日焼けした肌は痛い。

二酸化炭素増量で紫外線も割り増し

近年、人間によるフロンガスや二酸化炭素の排出量が増え、上空のオゾン層が薄くなる。

そのためにオゾン層を通過する紫外線量が増えている。

紫外線は目と皮膚に有害。

皮膚に紫外線が当たれば日焼けが起こる。

紫外線は日焼け、加齢、ガン

紫外線の照射時間が長ければ皮膚を加齢させる。

皮膚の張りを保つ弾性繊維を徐々に破壊する。

一度破壊された弾性繊維は回復しない。

紫外線の一部は皮膚ガンの要因にもなっている。

外遊びやマリンスポーツ、陸上スポーツなど長時間紫外線を浴びるような場合は注意をしたい。

これからの時代、紫外線量が多くなり、度重なる日焼けによって寿命が短くなる可能性もある。

紫外線を防ぐ

日陰に隠れる

建物の中で紫外線をカットする。

日陰になる屋根や建物、大きな木などを利用する。

日傘も有効。

UVカットする衣類

紫外線をカットする衣類を着る。

UVカット処理された衣類がある。

水着の上に着るUVカットするアウターも販売されている。

紫外線を防ぐ日焼け止め

アウトドアで活動するならどうしても日焼け止めは必要。

顔や手など衣類でも隠せない部分がある。

汗をかいても落ちにくい日焼け止めがある。

また従来日焼け止めで使用されている紫外線吸収剤にはサンゴなどの生物に有害なものが含まれている。

ハワイやフロリダ、カリブ海、パラオではサンゴに有害な紫外線吸収剤を含んだ日焼け止めの持ち込みを禁止している。

パラオで禁止されている日焼け止め

パラオで販売または輸入したものは1000ドル以下の罰金。

パラオでの持ち込みは没収。

サンゴに害のない花王の2種類の日焼け止め

匂いが今一の日焼け止め

海外製のサンゴに害のない日焼け止めを使用してみたが匂いがいまいち。

値段も高め。

けれどもう心配はない。

花王の日焼け止め2種 Biore UV Me と Biore UV Kids (Pure Milk)

花王から2021年2月に販売された日焼け止め。

そのうちの2種類、Biore UV Me と Biore UV Kids (Pure Milk) はサンゴに害のある紫外線吸収剤を含まない。

両方とも無臭に近い。

嫌なクセのある臭いはない。

サラッとした乳液。

汗をかいても落ちにくい。

ウオータプルーフタイプ。

ハワイやフロリダ、カリブ海、パラオでも問題なく使用できる。

Biore UV Me と Biore UV Kids (Pure Milk)  はなぜ紫外線吸収剤を含まない

Biore UV Me は

Biore UV Me は紫外線吸収剤を含まない。

超微細な凹凸構造を肌の上に形成することで日やけを防ぐ。

微粒子PM2.5の汚れ付着までバリア。

Biore UV Me のwebサイト ⇐ クリック

Biore UV Me
Biore UV Me

Biore UV Kids (Pure Milk) は

Biore UV Kids (Pure Milk) は紫外線吸収剤を含まない。

紫外線散乱剤だけを紫外線を跳ね返し肌への影響を防ぐ。

ミネラルバリアで子供にも負担が少ない。

Biore UV Kids (Pure Milk) のwebサイト ⇐ クリック

Biore UV Kids (Pure Milk)
Biore UV Kids (Pure Milk)

7/17(土)から先着18名にプレゼント

Biore UV Kids (Pure Milk) の値段は800円ほど。

PADI Women’s Dive Day 7/17(土)からダイビングツアー or 講習に参加する方18名様に先着順にサンプル品をプレゼント。

サンゴに害のない日焼け止めで肌を守ろう。