天然記念物の大きな藤の花

藤の花さがし

藤の花を見るための場所を捜していた。

今まで藤の花を見に出かけることはなかった。

山に自然に咲いている藤の花を見つけるのが毎年の楽しみ。

昨年に続き今年も新型コロナの影響は大きい。

そんなに遠くへ行かずお勧めの藤の花があるので行ってみた。

カーナビを頼り家から車を走らした。

30分ほどで到着。

大きな無料パーキングに車をとめ歩いて門を潜ると直ぐに藤棚はあった。

蔓で絡みあう藤

山に生えている藤は蔓。

他の木に絡みながら成長し藤色の花を下げる。

草のように見える。

藤の花

藤は草でなく木

藤棚はぶどう畑のように見える。

しっかりしたスチールの棚で育てられている藤。

蔓は大きな木の幹から広がっている。

藤の花

天然記念物 青葉園の藤

なんとここの藤棚は天然記念物になっている。

藤の花

石碑には、天然記念物 青葉園の藤 埼玉県知事 栗原浩 と刻まれている。

栗原浩は1956~1972年まで埼玉県知事。

ここは青葉園という広大な霊園の入り口。

藤の花

大きな藤棚

藤棚は大きい。

かなり立派。

1本の幹がこんなに大きく育ったのか?

藤の花

藤の花の美しさの秘密

藤の花の色

藤の花は薄紫1色だと思っていたが違う。

白い部分も濃い紫の部分もある。

何枚もの花びらがつながり遠くからはあの淡い藤色に見える。

藤の花

いくつ花が咲いているのか。

藤の花

3本の木からなる藤棚

藤の幹は1本ではない。

藤の花

3本の藤の木がこの立派な藤棚を形成している。

藤の花

残念ながら藤棚の下へは入れない。

藤の花

美しい藤棚

淡い紫が美しい。

藤の花

藤の花の向こうに藤の花が重なりこの綺麗な色合いを出している。

藤の花

山に咲く自然の藤の花も綺麗だがこれも美しい。

藤の花

人間が作った藤美棚。

藤の花

夜になるとライトアップするのだろうか。

下には照明の準備もしてある。

藤の花

どのように撮れば一番綺麗?

日に当たると発色がさえる。

藤の花

葉の緑と紫のコントラストもいい。

藤の花

とても大切に育てられている。

藤の花

毎年ここでは人々の目を楽しませている。

藤の花

近くでは藤娘がポーズをとってスマホ写真を楽しんでいる。

藤の花

誰でも美しく撮れそうな気がする。