コロナ禍の訃報

苦しくなったので病院へ

先日知り合いのH氏が亡くなったことを聞いた。

風邪をひいて具合は良くなかったがコロナ禍の今、持病の糖尿病もあり医者へ行くのを控えていた。

耐えていたが症状が重くなり、苦しくなったので病院へ行った。

病院ではPCR検査だけ

しかしPCR検査を受けてからでないと入院は出来ないとのこと。

PCR検査を受け、その結果が出るのは翌日。

翌日もう一度病院へ行く手続きをし、飲み薬だけ貰って帰宅。

帰宅後に薬を飲用すると少し楽になったと就寝。

病院から半日で他界

夜中トイレから出たところで倒れ、こと切れた。

時間は夜中の1時30分。

原因は肺炎。

糖尿病では病院へは行きにくい

糖尿病患者には怖い新型コロナ

今の状況で糖尿病を抱えていたら病院へは行きにくい。

糖尿病患者は新型コロナに感染すれば死亡率が高い。

そのため、風邪をひいても直ぐに病院へ行くのは気がひける。

病院にはコロナ感染者がいて感染する可能性が高い。

万が一感染したらと考えてしまう。

そう思って我慢していたのだろう。

病院での入院拒否

いよいよ具合が悪くなって我慢できずに病院へ行った。

けれど病院側としても新型コロナに感染しているか否か、ハッキリしてからでないと入院はできないという。

PCR検査を受けるのは解かるが診察をして入院が必要な状況だったのではないのだろうか。

新型コロナ感染の可能性のある患者として入院出来なかったのだろうか。

結果、半日後には肺炎で亡くなってしまった。

家族にとってはたまらない。

なぜ入院出来なかったのか?

自家用車で病院へ行ったから?

自家用車で病院へ行ったのがよくなかったのか?

救急病院なら緊急外来を受け付けている。

CPR検査の有無で入院を拒むことは出来ないはず。

救急病院がCPR検査の有無で入院を拒んでいたら大変なことになる。

自力で来院したから患者にまだ余裕があると思ったのだろうか?

救急車を呼んだ方が良い?

ならば救急車を呼んだ方が良い。

救急車なら病状により対応できる病院へ確認をとってから患者を搬送する。

もし搬送先の病院が患者を受け入れ拒否した時には他の受付可能な病院まで搬送してくれる。

でも救急車に頼り過ぎれば救急隊員への負担が増すことになる。

病院の規模が小さかった?

それとも、頼った病院の規模が小さく対応が出来なかったのか?

医師、看護師、病棟が少ない病院、患者数が多すぎる病院ならPCR検査を受けてない患者を拒否するのもわかる気がする。

患者でいっぱいで新患者の対応が出来ない。

それは医療崩壊とも言える。

うかつに病気になれない

コロナ禍の今、うかつに病気になることは出来ない。

風邪を引くことも簡単に考えてはいけないのかも。

状況により速やかな治療を受けることが出来ないことも頭に入れておく必要がるコロナ禍の現実。