バカも使いよう

バカは揶揄?

馬鹿、バカ、ばか・・・

人を揶揄する時に使う言葉。

もともとサンスクリット語の無知・愚かという言葉が語源とされる。

思考が狭いこと、思考が思うようにまわらないことを一般には馬鹿という。

強く罵(ののしり)倒す・罵る・悪く言う・罵倒する・こき下ろす・悪し様に言う時に使う。

けれどそれ以外にも使う。

例えばとても大きいの形容にバカをつける時がある。

バカがつく言葉

バカ正直=普通の正直よりも正直。正直過ぎるほど正直。

バカに正直=今まで正直でなかった人が急に正直になる。

バカに素直=今まで素直でなかった人が急に素直になる。

バカに真面目=今まで真面目でなかった人が急に真面目になる。

バカ丁寧=並外れて丁寧。

バカでかい=並外れて大きい。

バカ騒ぎ=大騒ぎ。

バカ笑い=大きな声で笑う。

バカなまね=愚かな行動。無差別な行為。

バカうけ=異常なほど大きく人気をうける。

バカげた=まのぬけた、不合理な。

バカバカしい=考える必要が無い。

バカぢから=あきれるほどの強い力。

バカっぷる=非常識なほど仲の良いカップル。周囲に迷惑をかけるカップル。

バカにする=あなどる。軽視する。

バカにできない=軽視することができない。

バカらしい=話にならない。

バカばなし=無駄ばなし。

バカをみる=バカバカしい思いをする。

末にバカがつく言葉

親バカ=子供に対し異常に可愛がる行為。またそれゆえに暴走を始める人。

釣りバカ=生活や仕事も放りだし、釣りに夢中になる。

~バカ=~に夢中になりすぎる。

バカのつくことわざ

バカの大足=大きな足はバカのしるし。(バカの大足、阿保の子足)

バカの一つ覚え=一つの事だけを覚えこむ。

バカとハサミは使いよう=ハサミも使い方次第でよく切れる。バカも使い方次第で役に立つ。

バカにつける薬は無い=薬をつけてもバカは治らない。

バカの方言

北海道=はんかくさい

青森県=ほんじなし

岩手県=とぼげ

宮城県=ほんでなす

秋田県=ばがけ

山形県=あんぽんたん

福島県=ばが

茨城県=でれ

栃木県=うすばが

富山県・石川県=だら

福井県=あほ

山梨県=ぬけさく

岐阜県= たわけ

愛知県=たーけ

三重県=あんご

滋賀県=あほー

京都府・大阪府・兵庫県・奈良県・和歌山県=あほ

鳥取県=だらず

島根県=だらじ

岡山県=あんごー

徳島県=あほ

香川県=ほっこ

愛媛県=ぽんけ

高知県=あほー

福岡県=あんぼんたん

佐賀県=にとはっじゅ

熊本県=あんぽんたん

大分県=べかたん

宮崎県=しちりん

沖縄県=ふらー

東京都・群馬県・埼玉県・千葉県・神奈川県・新潟県・長野県・静岡県・広島県・山口県・長崎県・鹿児島県=ばか

英語=fool

アホには出来ないけれど、バカにはできる。