休業のお知らせ

緊急事態宣言

周知のとおり新型コロナウィルスの拡大感染が生じ政府より緊急事態宣言が発令されました。

休業要請を受け5月6日(水)まで休業とさせて頂きます。

思うところは色々あると思いますが今は一人でも新型コロナウイルス感染患者を出さないようにするべき。

感染するのは人から人、新型コロナウイルス感染を極力減らすように努力するべき時。

家賃の問題、給料の問題など心配なところは様々あります。

そしてその問題はこれからも続きます。

けれどこの新型コロナウイルス感染騒動が納まらない限り、全ての問題が解決しません。

新型コロナウイルス感染を終息させるには

誰もが新型コロナウイルスに感染しなければ新型コロナウイルス感染騒動は終息します。

新型コロナウイルス感染者に接触しなければ感染は防げます。

しかし感染症状が出ない新型コロナウイルス感染者がいるのが問題です。

その無感染症状新型コロナウイルス感染者は自分かもしれない、家族かも、親しい人かもしれません。

そのために今から自分たちを出来るだけ自己隔離します。

なぜ休業が5月6日まで

新型コロナウイルスの潜伏期間は最長14日間。

今、感染したとしても14日が過ぎれば新型コロナウイルス感染から回復したことになり、新型コロナウイルス感染騒動は終息します。

けれど最初のこの14日間に誰かに感染させていれば、その感染者をさらに隔離する14日間が必要です。

4/8から最初の自己隔離の14日間が始まりました。

4/22までが最初の14日間。

そして更に用心ための隔離、残りの14日間の終わりが5月6日。

この2サイクルの潜伏期間を事故隔離するこで新型コロナウイルスを抑え込む必要があります。

この2サイクルの潜伏期間で抑え込めねば

新型コロナウイルスを抑え込むには全ての人が協力して実施しなければ効果はありません。

その後たった1人でも新型コロナウイルス感染者が生じれば失敗とも言えます。

そして新型コロナウイルス感染は莫大に膨れ上がり蔓延するまで広がります。

経済は衰退し、家賃とか給料とか言ってる場合ではなく、医療機関閉鎖、食料の物流も滞り、水道ガス電気のライフラインも非常事態になります。

そのようにならないタメにもこの1ヵ月だけは我慢して出歩くのを控えるしかない。

政府が今やろうとしていることを信用して休業します。

人が大勢集まる場所や盛り場へも行きません。

全員で5月6日まで自己隔離の協力を

海はオープンエアー

ダイビングをするために海へ行くことで新型コロナウイルスに感染する可能性は低いと思われます。

海はオープンエアーであること。

人対人がそんなには密接にならない。

水中は個人々のタンクから清浄された空気を吸っている。

往復の交通機関さえ気をつければ問題ないと考えられる。

けれど今は海へ行きません。

極力人に接触しないように5月6日まで自己隔離します。

是非、協力をお願いします

1億2,600万人の日本国民、現在日本にいる外国籍の方も同じです。

全員揃ってこの1ヵ月だけ自己隔離をお願いします。

そして新型コロナウイルス感染騒動が終息したら思い切り羽を伸ばしてください。

全国民の未来のために。