マスクは本当に無いのか?

マスクは売り切れました

今日、久しぶりにマスクを購入することが出来た。

今まで捜しても何処にも見当たらない。

店頭には「マスクは売り切れました」「マスクの納入の予定はありません」という張り出し。

マスクの商品棚には同じく「マスクは売り切れました」の文字。

マスクを捜しまわる

手持ちのマスクもほとんど無く、なんとか入手出来ないものかと市内の店を捜しまわった。

  • ドラッグセイムス3店舗、売り切れ
  • 薬マツモトキヨシ2店舗、売り切れ
  • スギ薬局2店舗、売り切れ
  • ドラッグストアーセキ売り切れ
  • 島忠ホームズ、売り切れ
  • セブンイレブン、売り切れ
  • ローソン、売り切れ
  • ファミリーマート、売り切れ

1月末から店頭にマスクが無い。

マスク80%は中国製

日本のマスクは80%が中国からの輸入に頼り、新型コロナウイルスの伝染で輸入が止まり在庫不足が発生している。

残り20%が国産で作られるマスクだが原材料の不織布、ゴムひも、鼻部分のワイヤーなどのパーツはほとんど中国からの輸入に頼っている。

原材料の不織布の値段も10倍に跳ね上がった。

ニュースでは日本のマスク工場では1月末から24時間体制でマスクを作っていると情報が流れている。

けれどもう2ヶ月も過ぎるのにマスクは日本国民に行きわたらない。

電機メーカーSHARPが3月24日から三重工場で不織布マスクの生産を開始した、1日に15万枚供給、やがて50万枚供給を目指す。

アイリスオーヤマが宮城県角田工場で不織布マスクの生産を開始する、稼働は6月、1日に200万枚供給予定。

マスクは4月末から潤い始める

4月末には中国からの輸入マスクが再び店頭に並び始め、5月中旬には供給状態が元に戻る見込み。

マスクの値段は高いまま。

マスクの値段が元のように安く入手できるようになるには早くとも来年春以後。

マスクを入手するには?

マスクは何処にもない

各薬局やホームセンターなどをまわってマスクを捜すが何処にもない。

何回も捜しまわっているうちに張り紙に違いがあることが解った。

ほとんどの場所では「マスクは完売、在庫はありません」「マスクの入荷予定はありません」と張り出されている。

今日のマスクは完売しました

けれど1件だけ「今日のマスクは完売しました」と張り出しがあった。

これは?

もしかして?

マスクの入荷があり、販売していたということか?

文章からはそう読み取れる。

ならば売り始めに行けば購入できるという事か。

am8時既にマスク行列

早速、翌日開店1時間前のam8時に薬局に行ってみた。

やはり既に人は並んでいた。

雨が降る中19人が並んでいる、自分は20人目の客ということになる。

20人ならなんとかなるだろうか?

マスク20箱の入荷があればギリギリ購入できるかもしれない。

これはきっと大丈夫じゃないかと理由のない安堵感に納得する。

先頭で待つのはお年寄り、折り畳みイス持参、防寒着とカッパを着こみ完全防備で寝入っている。

何時から並んでるのだろうか?

4月に入ったというのに気温は低く底冷えがする。

新型コロナウイルス予防のためのマスク購入で風邪を引いたら目も当てられない。

徐々に後ろへ並ぶ人が増えていく。

雨は小雨から本降りになり体の芯が冷えてきた。

面白いことをしている時は時間が早く過ぎる、今日は寒さと時計をにらめっこ、時の流れは遅い。

スタッフが出社、店内が照明で明るくなり拭き掃除が始まった。

列は後ろに30人ほど続く、合計で50人ほど。

ふたり前でマスク売り切れ

開店15分前、白衣の店長らしき人が出てきた。

開店前ですが寒いので早めにお知らせします。

購入できる方は店内でお待ちください。

今日、用意できるマスクはBOX入りが15個、8枚入りが3セットだけです。

1人1個だけの購入となります。

後の方は購入分がありませんのでご容赦ください。

そして列に並ぶ人は順々にマスクを手に取り店内に入っていく。

18人目、自分の2つ前でマスクは売り切れた。

勝者と敗者

マスクを購入出来た者は勝利のマスクを片手にほくそ笑み、マスクを入手できなかった者は敗北者のように肩を落として消えていく。

さあどうする。

あと二人!もう少し早ければマスクを入手出来た。

ならば開店1時間30分前に行けば、同じ販売個数のマスクならば購入できるだろう。

開店9時前なので他店もまわってみたがマスクを販売している店は無かった。

am07:30さらなるマスク行列

翌日、開店1時間半前am07:30に薬局に到着すると既に20人以上が並んでいる。

これでは購入できない。

昨日より長い1時間半ここで待つ意味があるだろうか。

販売マスクが30個以上あれば入手可能だがその保証はない。

天気は晴れているが北風が強く昨日より寒い。

もし1時間半待って購入できなかったら昨日より惨めな気持ちになりそうだ。

あきらめよう。

マスク巡り

そのまま帰る気にもなれず、念のため他の薬局をまわってみる。

1件目「マスクの入荷予定はありません」の張り紙。

2件目「マスクはありません。入荷予定なし」の張り紙。

3件目「マスクはありません」の張り紙。

4件目は人が並んでいる!人数は11人、店頭の張り紙も無い。

もしかしてこれから販売するのか?

だから並んでいるのだろう。

考えている内に先に1人並ばれてしまった。

これは並ぶしかない。

寒さに耐えマスク行列に参戦

あきらめていたマスクが手にはいるかも?

13人目として列に加わった。

北風は思ったより強い、向きは正面。

天気は朝から良いものの、ビルの影で日が当たらない。

1時間20分をここで寒さに耐えなければならない。

昨日よりも寒く、体の芯まで冷えるのが早い。

後ろの人はさっきから足踏みを続けている。

徐々に列の参加者が増えてくる。

今日は高校生も列に参加している。

みんなマスクが足りないのだ。

開店30分前には50人ほどが並ぶ。

店が開く、マスク入手できるのか?

そして開店15分前、店長と思しき人が店を開け説明する。

開店前ですが寒いのでマスクだけの販売をします。

他の商品は後にしてください。

マスクだけ清算をしてください。

1人1個だけです。

今日は全部でいくつあるとかの説明がない、大丈夫なのだろうか?

マスクは1袋3枚入り

順番に店内に入ると用意されたゴンドラの上にビニール袋に入った3枚入りのマスクが並んでいた。

色は6種類ある。

白は無く、グレー、黒、茶、青、ピンク・・・

でも期待した60枚入りのBOXマスクは無かった。

たった3枚しか入っていないマスクでは喜べない。

マスク

グレーのマスクを手に取りレジへ向かう、値段は540円。

1枚180円のマスク、けっして安くは無い。

マスク入手できたが・・・

説明を読めば使い捨ての不織布マスクではなく洗って再使用が可能と書かれている。

3回洗っても95%のフィルター効果。

今日はマスクを購入できたので勝者なのだがそんな気分になれない。

マスクを入手したのに嬉しくない、安心できないのは枚数のせいか?値段のせいか?

マスクは全部で80セット近くあったので今日一緒に並んでいた70人ほどの人たちは全員マスクを購入できたはず。

1袋3枚入りのマスクだが無いよりはマシ。

さて明日はどうする?

まとめ

マスクを販売する店

店頭の張り紙に違いがある。

販売できる店の張り紙は「今日のマスクの販売は終了しました」

購入する時間は開店前

マスクの販売個数による。

開店1~1時間30分前。

マスクのタイプは選べない、値段は高め。