人間と友達になろうとしたシャチ シナリオ4

実際にあった話

Killer Whale 殺し屋クジラと呼ばれるオルカ、海のギャングと恐れられている。

ジョーズで有名なホオジロザメも襲って食べてしまう、またクジラも襲って食べるというシャチ。

そんなシャチが人間と友達になりたがるなんてことがあるのだろうか?

場所はカナダのヌートカ湾

これは20年ほど昔カナダ(Canada)のバンクーバー(Vancouver )で実際にあった話です。

カナダのバンクーバー島は太平洋側、アメリカの国境近くにあります。

そしてシャチのいたムーヤベイやヌートカ湾はバンクーバー島の中央辺り、ヌートカ島の東側にあります。

シナリオ3の続き

前回までのあらすじ

カナダの太平洋側のバンクーバー島の海に群れから逸れた1匹のシャチの子供が姿を現しました。

ルナと名付けられたシャチは人間との交流を求めているようでしたがカナダの水産海洋省は人間と野生動物の間にある壁は守るべきだと考え、人々とルナの交流を禁止します。

シャチを聖なる動物と崇める先住民をはじめ多くの人がこれに反発、その声におされ水産海洋省はルナを捕獲して遠く離れた場所にいる家族のもとへ帰すことに決めました。

私と妻はルナに関する記事を書くためこの地にやってきました。

滞在予定は3週間でしたがそれよりも遥かに長い期間、私たちはルナの物語を記録することになったのです。

ルナ捕獲計画

ルナはもうすぐ5才になります。

いよいよ水産海洋省の捕獲計画が動き始めました。

現場の責任者はカナダ水産海洋省のエド。

ルナがエドの後を追って囲いに入るように仕向け、中に入ったらゲートを閉めるという作戦です。

しかしこれで私はルナの信用を失うでしょう。

正直言って気が重いです。

先住民の誇り

一方先住民たちはルナの捕獲に反対でした。

我々は先住民としてこの土地に誇りを持っている。

ところが今、我々の土地から大切なものを奪おうとする連中がいる。

それはここにあるべきものだ。

我々ではない。

人間でもなく、シャチのことだ。

ペット臭もウイルスも花粉もコレ1台!“新”空間除菌・消臭サービス【ZiACO(ジアコ)】 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B5DIR+7ZKDYQ+2224+TU8UB

ルナをめぐって奪い合い

ルナを連れだす先住民

2004年6月16日、ルナがヌ-トカ湾に来てから3年近くが経っていました。

私たちはこの日の夕暮れまでには囲いに入るだろうと思っていました。

しかし、それは間違いでした。

先住民の人々は自分たちの信念を貫きました。

手漕ぎのカヌーに乗り、歌を唄いながら海に出てルナと行動を共にしたのです。

とにかくルナを囲いから遠ざけておくことが重要でした。

私たちはルナの自由を守るため、そしてルナの命を守るために戦っているんだと気づきました。

驚いたことにルナはカヌーの後に着いて囲いから60キロ近く離れた場所へ移動しました。

ある記者は私に、これまでに見た最も穏やかな誘拐だと話しました。

ルナをめぐる人間同士の綱引き

初日は完全に出し抜かれましたがそれならこっちにも考えがあるぞと思いました。

翌朝、朝早く水産海洋省のエドはルナを連れ戻そうとしましたが先住民のカヌーがそれを妨害しました。

ルナをめぐって人間同士の綱引きは始まったのです。

みんな闘志満々ですよ。

一生懸命頑張っています。

大声で唄え

収集がつかなくなって一触即発の状態になったらただ大声で唄えとだけ言いました。

ルナをめぐる綱引きは1週間後の6月22日まで続きました。

その日の朝、ルナはエドの後に着いていきましたが途中で丸太遊びをはじめました。

慌ててエドは引き返しました。

エドはなんとかルナを丸太から引き離しましたが今度は漁船と遊び始めました。

その間も先住民たちは歌を唄いルナの後にずっと着いてきました。

先住民たちの決然とした態度には正直感銘を受けました。

そして彼らは最後まで諦めないだろうと確信しました。

強くなる風にも負けずカヌーを漕ぎ続ける先住民たち。

彼らは小さなシャチと共に、新たな海の伝説を作ろうとしているかのようでした。

しかし水産海洋省のエドも諦めるつもりはありません。

ルナは囲いへ

モーターボートで島の向こう側までルナを遊びに誘い出すと、ついに手漕ぎのカヌーは着いて来られなくなりました。

2時間後、ようやくルナは囲いの中に入り、先住民たちのカヌーは牽引されて陸に引き上げられ、ルナをめぐる綱引きは終わりを告げました。

先住民のマイクは戦いの終結を宣言しました。

我々は最後まであのシャチを見捨てはしなかった。

それを誇りに思う。

全てが終わったと思った時、思いがけない事態が起きました。

ゲートが閉まらない

現場の誰かを殺してやりたいぐらい腹が立ちましたよ。

まったく信じられない。

エドだけでなく捕獲チームみんながイライラしました。

ルナが入ったら早くゲートを閉めろと言うのにいつまでもモタモタしてるんです。

いったいどうしたんだ?

頼むからうまくやってくれ。

これを逃したらチャンスはないんだと思いました。

歌を唄う

今我々がなすべきことは唄うことだ。

大きな声で堂々と。

今から港にいる役人たちの所に行き彼らの前で唄おう!

シャチは必ず戻ってくる。

ルナの奪い合い

ルナが囲いの中に入ったのに何故か?ゲートが計画通りに閉まりませんでした。

11分後ルナが外に出てしまったので、エドがもう一度囲いの中に入れようとすると歌声が聞こえてきました。

先住民のカヌーが戻ってきたのです。

ルナはカヌーの所に行き、エドはその後を追いました。

ルナはエドのボートに先導されて再び岸に近づこうとしたとき、先住民の中からルディーという男性の操縦する小さなモーターボートが飛び出しました。

ルナはルディーに着いていき、エドは追いかけました。

またもや綱引きが始まったのです。

ルナにとって楽しい時間

緊迫感あふれるアクション映画のようですがルナにしてみればとても楽しく嬉しい光景だったことでしょう。

ルナの求めていたものは人間の友情だったからです。

この1週間大勢の人が自分の近くに来て、歌を唄い、一緒に遊び、目を見つめてくれました。

人間たちの綱引きがどんな結果になろうともルナは一番欲しかったものを既に手に入れていたのです。

2日後ルナはルディーと一緒に何処かへ姿を消してしまい、水産海洋省は捕獲を断念しました。

ルナは自由に

ついにやり遂げたぞ!

水とスナック菓子とサンドウイッチだけで勝ったんだ。

ほっとした。

自分たちに誇りを持とう。

安心しました。

素晴らしい。

我々の祖先もきっと喜んでいる。

あのカヌーに乗りたかった。

見事だった。

彼は今も自由だ。

我々は信念を曲げないと宣言しよう。

全てを自然の道に任せ、あのシャチをそのままにしておくべきなのだ。

自由と引き換えにかまってもらえない

遊び相手がいなくなった

ルナはそのままの状態になりました。

しかし戦いが終わるとルナは友達を失いました。

もう先住民のカヌーもエドも遊びに来てくれなくなったからです。

ルナの気持ちが解るような気がします。

こう思ったことでしょう。

「僕が何かした?」

「なんでみんな僕を嫌うの?」

ルナのイタズラ

ルナはまた人間に近づいていきました。

それが新たなトラブルを引き起こしました。

突然シャチが現れてボートを壊したんですよ。

ルナにボートを押され舵を壊されたグレはルナがボートを攻撃してきたと訴えました。

「ルナ!あっちへ行って!」

政治家が対処すべき問題です。

すぐに何か手を打って欲しいですね。

でないと死者が出ることになるでしょう。

シャチを告訴?

ゴールドリバーに棲むキースも怒りの声をあげました。

以前、ルナにヨットを傷付けられたキースは今度はボートまで壊され、ついに警察に向かいました。

警察を動かすには裁判を起こすしかありません。

それでシャチを殺人未遂で告訴したんです。

これがルナに壊された舵の一部です。

殺人未遂で告訴されたルナ

遠い町の新聞や色々なニュースで取り上げられましたよ。

連邦警察は管轄が違うのでルナを罪に問うことは出来ないと答えました。

アメリカのシャチだから我々には裁く権利が無いというんです。

キースは不満でした。

連邦警察の対応は鈍すぎます。

現れたのがピューマなら直ぐに打ち殺すのに。

住民の中にはルナに敵意を持つ人もいます。

我々水産海洋省がルナを追い払わなければ彼らが行動を起こすかもしれません。

水産海洋省はルナとの交友を断ち切る愛のムチ作戦をもう一度実行するように通達しましたが先住民のジェイはそれに従いませんでした。

ルナとジェイの絆

水産海洋省を無視

僕の仕事はルナを安心させてやることだと思ました。

そばにいて、ここなら安全だと教えてあげるんです。

僕とルナの間には強い絆が生まれました。

それはルナのおかげです。

杉の皮をくわえて来たので引っ張りっこをしました。

皮を折って取ると「返して!」というように口を開けるんです。

解ったよって返してあげました。

ジェイとの交流が続いている間、ルナはまったくトラブルを起こしませんでした。

ルナは自力でエサをとる

ルナはとっても強い子です。

ひとりで生きる術を学び、自力でエサをとり、何もかも自分の力で切り開いてきました。

僕にできるのは友達になることぐらいです。

ルナと友達になれたことを光栄に思っています。

しかし水産海洋省は相変わらずルナと人間の交流を認めない立場でジェイに交流を止めるように言いました。

何かが違う

妻と私は何かが間違えていると思いました。

そして私たちのルナに対する感じ方も変化を見せ始めました。

最初のうちは私もあまり近づくべきではないと思っていました・・・