人間と友達になろうとしたシャチ シナリオ3

英語で Killer Whale と呼ばれるオルカ、別名海のギャングとも言われる。

サメを攻撃し、クジラまでも襲って食べてしまう。

そんなシャチが人間と友達になりたがるなんてことがあるのだろうか?

これは20年ほど昔、カナダ(Canada)のバンクーバー(Vancouver )で実際にあった話です。

シナリオ2の続き

4才の夏

また夏が巡って来て、ルナは4才になりました。

シャチ

新しい安全管理員たちがやってきて愛のムチ作戦は更に厳しいものになりました。

もはやルナを見ることさえ禁止されたのです。

ルナを見ることも禁止

彼女たちは記録用紙とビデオとメガホンを持って見張ってました。

家の裏にやってきて犬に触るなと言っているようなものね。

住民の中には愛のムチ作戦はただ残酷なだけではないかと考える人もいました。

「あの子は天の恵みのようなものなのに、君たちはそれを台無しにしてる」

「あの子は慰めて欲しがってるんだぞ」

「そもそも誰が規則を作り、正しいと言ったの」

罰金を取られた後も何度ここに来ました。

ルナがボートの周りをウロウロしてかまってくれる人を捜しているのを見ました。

「あの子を見ると気持ちが乱れて、今でも泣きそう」

状況が変わった

状況が変わりました。

ルナが水上飛行機にじゃれつくようになったため、これまでと同じ安全対策では追いつかなくなったのです。

「まずいわね」

「写真なんか撮ってないで早くシャチを追い払ってください」

「このままじゃ飛行機が沈んでしまいます」

新しい対策

何か手を打たなければと強く主張するようになりました。

もし飛行機に何かあって誰かが重傷を負ったり死んだりしたらルナはもうお終いだと思ったからです。

水産海洋省のエドはこうなったらルナに触ってもかまわない、とにかくルナを飛行機から遠ざけるんだって言いました。

ルナの命が掛かっていたからです。

私たちは必ずルナを守る覚悟でした。

リナを助けるため管理員たちはそれまでの方針を180°転換することにしました。

ルナを見て、ルナと遊ぶことにしたのです。

もうこんな事できない

「間に合った」

「こっちに来るわ」

「飛行機にかまっちゃダメよ」

「飛行機は気にしないこと、イイ!」

「お利口さんは飛行機と遊ばないの」

シャチ

「涙が溢れてきました」

「それでもう辞めます」って言ったんです。

こんなこと出来ないって、こんなこと関わっていればいつかあの子が死ぬのを見ることになるから。

ただいま、インフルエンサーに話題のダイエット茶を初月500円で試してください!【超発酵ダイエット茶】

このままではいけない?どうする?

他所に移すべき?

この件によってルナを捕まえて他所に移すべきだという声が更に高まりました。

1年前に親を亡くしたシャチがシアトルからバンクーバ北部に運ばれ、もとの群れに戻るという出来事がありました。

多くの人たちがルナにも同じような措置を取るべきだと主張しました。

水産海洋省の答えはNOでした。

シアトルではシャチを助け出すことが目的でしたがルナにその必要があるとは思えません。

子供達からの圧力

しかし水産海洋省は思いがけない所から圧力を受けることになりました。

歌ってダンスを踊る子供たち

♪ルナはひとりぼっちの

  さびしい小さなシャチ♬

♪ルナはひとりぼっちの

  さびしい小さなシャチ♬

この小学生をはじめ、行動を通じてルナのフアンになった人たちが各地で急増していたのです。

ルナヘの支援

ルナがみんなに愛されたのは人懐っこい性格で人間と野生動物の壁を越えたからでした。

しかし皮肉なことに状況を詳しく知る人たちはその人懐っこい行動がルナの命を危険にさらしていると考えそれを止めさせたがっていました。

大勢の人がルナの支援に加わりました。

ルナが人間と交流する写真を見たからです。

みんな当時の状況に問題があると思っていました。

ルナに関するウエブサイトを立ち上げるとルナの移住を望む人々が1万人も集まってきました。

カナダとアメリカの上院議員も支援に乗り出し、アメリカはルナの移住に掛かる費用として10万ドル(約1100万円)の援助を申し出ました。

ルナを群れに連れ戻すべきだという声は高まる一方でした。

群れに受け入れられないかも?

多くの科学者が戻ってきたルナの家族がルナを受け入れない可能性があると指摘していました。

我々も少なからず不安に思っていました。

成功を疑わない人もいましたが水族館や野生のシャチを研究しシャチのことをよく知っている科学者の多くはその措置に懐疑的でした。

群れに戻れなかったらどうなってしまうのでしょう。

監獄の水族館?

水族館はシャチの美しさと賢さを多くの人々に教えてくれる場所です。

しかし、自然の自由に泳ぎ回れる環境に比べれば監獄のように見えることは否定できません。

水産海洋省はもし群れに戻して上手くいかなければルナを水族館へ送るよう秘かに準備を進めていました。

シャチを人口の多い地域に放せばボートの数は激増するし人にもシャチにも多くの問題が持ち上がるでしょう。

それにどう対応するかを当然考えておく必要があります。

そうした理由から飼育という選択肢について話し合ったんです。

先住民への冒涜

それが彼らの本心です。

水族館に売ろうとしていたんです。

水産海洋省は計画を秘密裏に進めていましたが何処からともなく噂となり先住民たちが怒りの声を上げました。

「シャチを捕まえて折に入れるなんて我々先住民に対する冒涜(ぼうとく)です。」

「とんでもない事ですよ」

今、新たな抗議運動が起きています。

先住民のマイクはメディアを通じて反対意見を述べました。

「私たちはシャチを自然のままに、つまりそのままの状態にしておくことが望ましいと考えます」

ルナの移住?

一方ルナをトラックで運ぶには50万ドル(約5500万円)の費用が掛かります。

またボートで先導して南の海へ連れて行く計画は却下されたままでした。

交流を深めるのは最悪の行為?

「人間との交流を深めるのは最悪の行為ですから、避けるべきです」

「それでルナが不満に思ったとしても仕方ありません」

掛け替えのない子供

人間たちの様々な議論もルナの耳に入りません。

これまでと同じように顔馴染みの知った船を見つけると親しげにすり寄っていきます。

シャチ

ルナはボートに追いつくと直ぐ前の方へ行って船の舳先にシッポを乗せました。

それから沈んでまた浮かび上がり、ひっくり返ってもう一度シッポを乗せて.

面白かったわ。

ヌートカ湾の住民にとってルナは掛け替えのない子供のような存在になっていました。

水産海洋省の決断

しかし、ルナをこのまま放っておくわけにはいかないと強い声に押され、水産海洋省はついに1つの決断を下しました。

春になったらルナを捕獲して南の海へ運ぶことになったのです。

次回シナリオ4に続く・・・

ペット臭もウイルスも花粉もコレ1台!“新”空間除菌・消臭サービス【ZiACO(ジアコ)】 https://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=3B5DIR+7ZKDYQ+2224+TU8UB