ダイビング器材展示会、世界最高峰はアクシオムBCD

昨晩は大雪

2年ぶりの雪かき

昨晩は大雪となり家の雪かき1時間。

夜中に雪が止むと言うので、その前の雪が軽く柔らかいうちに雪かき。

朝の凍った硬い雪かきは大変。

昼には水を吸って重くなる。

ゆえに雪かきは夜のうち済ますのが得。

筋肉痛はなし

今日はきっと筋肉痛と覚悟していた。

少なくとも腰痛で苦しむと思っていたが今のところまだ症状がない。

もしかして明日?

明後日に出るのか?

世界最高峰のBCDアキシオム

ダイビング業者向け器材展示会

大雪が残る中、恵比須まで行ってきた。

ebis303
ebis303

DIVE BIZ showのため。

このビルの3階ショールームで開催。

dive biz show 2018
dive biz show 2018

DIVE BIZ showとは簡単に言うとダイビングメーカーの業者向けの器材展示会。

20~30年前はかなり大掛かりなスペースで多くの人を集客して開催していた。

けれど今は規模も小さく、ダイビング業界の業者向けで一般の人の入場は禁止。

ニューモデルの少ない器材

ダイビング器材の多くは毎年の変化があまりない。

種類が少しだけ増えたり、同じ商品のカラーバリエーションが変わったり、そんな感じ。

ゆえに、ここ2年展示会の視察を止めていた。

もっとも海へ出かけていたので視察できなかったというのが事実。

axiom soul
axiom soul

タンクが軽くなる世界最高峰BCD Axiom

機会があればBCDのAxiomの女性バージョンSoulを実際に見て、試着してみたかった。

Axiomはしたシークエストの後継機種。

フィット感良し、丈夫さ良し、使いかって良しという優れもの

更にタンクの重さを軽く感じさせる機能がついたBCDがAxiom。

現在、世界最高峰のBCDと自負。

サイズは大き目で表示サイズのひとつ下にすると日本人には丁度良い。

SならXS、MならS、LならM、XLならML、XXLならLを選ぶ。

しかし日本人の小柄な女性に合うXSサイズがなかい。

Soulを試着

SoulはAxiomの女性タイプ。

Soulは女性用という事で丈が短め、サイズもXXSからMまで準備されている。

実際に装着してみたがAxiomと同じで小さめ、これなら良い感じ。

日本の小柄な女性にもピッタリ合いそう。

浮力が小さいので注意。

Dリングが少ないので自分で取り付ければ問題なし。

TUSA mask FIn
TUSA mask FIn

カラーチェンジ

このブースでは今まで無かった白ラバーのマスク

半ミラーレンズになったマスク

新しいカラーバージョンのフィンを紹介していた。

nihonaqualung jetfin softtype
nihonaqualung jetfin softtype

懐かしいジェットフィン

こちらの上段にはオレンジ、白、黒の懐かしいジェットフィン

昔、穴の開いたフィンが珍しいころ流行ったフィン

穴が空いて水流が良く、ジェットのように早く泳げる?そんな名前。

ゴムで出来ていてガチガチに硬かった。

けれど名前とは裏腹で早く泳ぐには不向きのフィンだった。

写真のフィンは柔らかく、昔の感じはない。

ダイビング器材の色々

他にも沢山の器材が展示されていた。

一部だけ写真でご紹介。

レギュレター

nihonaqualung regurater
nihonaqualung regurater

タンクの中の高圧空気をこの器械で呼吸する。

吐けば吸える。

くしゃみをしても咳をしても壊れない。

これがあるからスクーバダイビングができる優れもの。

ダイビングの心臓ともいえる器材。

ダイブコンピューター

calm i100
calm i100

水中で潜水時間、深度、水温を表示する。

潜水病にならないように深度と時間を計算し残り何分潜れるかを教えてくれる。

レギュレターがダイビングの心臓ならダイブコンピューターはダイビングの頭脳。

データを見ることもでき潜水日誌の記入にも役立つ。

ウエットスーツ&ドライスーツ

mobby's suits
mobby’s suits

水中で長く潜るにはどうしても保温スーツがいる。

それも自分の体に合わなければ水が入ってきて寒い。

このスーツのもう一つの大事な役割が体の保護。

ダイビング中、岩にあたったり、擦ったり、蹴ったりすることはよくある。

けれどスーツにはクッション性あり不思議とケガをしない。

大事な身を守る作業着。

ダイビングライト

video right
video right

ライトは無くても潜れる。

けれどあれば色が綺麗に見え、暗い所も明るく照らす。

写真や動画を撮影する人は必携。

暗い水中でライトを当てるとフォーカスが合いやすくなる。