縦縞のエンジェル

タテジマキンチャクダイはエンジェルの仲間

タテジマキンチャクダイは綺麗で華やかな魚のひとつ。

エンジェルフイッシュと呼ばれる魚の仲間で英語では Emperor angelfish エンペラーエンジェルフイッシュ。

エンジェルフイッシュの皇帝とは地位の高い魚だ。

日本にいるエンジェルフイッシュの代表的な1匹。

タテジマキンチャクダイ エンジェル
タテジマキンチャクダイ エンジェル

青地に黄色の細い線が均等にはいる。

目は黒いアイマスクでもしたような人相。

口周辺は薄い青、エラのあたりは目と同じ黒で覆われる。

尾ビレは黄色、尻ビレは黄色の線はなく青い線がはいる。

キンチャクダイ 日本のエンジェル
キンチャクダイ 日本のエンジェル

エラの突起がポイント

エラの辺りに青い突起(トゲ)のようなものがある。

この突起がヤッコの特徴、英語ではエンジェルと呼ぶ。

この突起がなければチョウチョウウオ、英語でバタフライフイッシュだ。

チョウチョウウオとヤッコの仲間はよく似ているがこの突起があるかないかで判別される。

タテジマキンチャクダイも名前はタイだがヤッコの仲間になる。

ちなみにヤッコとはヤッコヒゲのことである。

エラの突起がヤッコヒゲのように見えるので日本名にはエンジェルの仲間にはほとんどヤッコがついている。

小波のエンジェル

サザナミヤッコもエンジェルの仲間

サザナミヤッコ エンジェルの仲間
サザナミヤッコ エンジェルの仲間

このサザナミヤッコもヤッコの仲間。

エンジェルフイシュッシュの仲間で英語では semicircle angelfish セミサークルエンジェル。

半円形模様のエンジェルフイッシュだ。

日本にいるエンジェルフイッシュの代表的な2種類目。

上の写真ではエラに突起があるのは見ずらいがエラの下部分青いのが突起だ。

体の中央部分が淡い黄緑、口または尾部に向かって緑が濃くなり最後は玉露のお茶の様な濃い緑色。

そんな体色の中、淡い黄緑部分には濃い緑の小さな点があり、濃い緑の部分には黄緑の小さな点が多くある。

体全体とエラの縁にはコバルトブルーの線がはいる。

また眼の縁もコバルトブルーがはいる。

子供は色も模様も違う

タテジマキンチャクダイもサザナミヤッコも幼魚の時代はまったく違う色模様をしている。

この2種類の稚魚の模様は似ている。

タテジマキンチャクダイの幼魚もサザナミヤッコの幼魚も黒地に白と青の線がある。

タテジマキンチャクダイの幼魚はその線が丸く渦を巻いているようにも見えウズマキ君とも呼ばれる。