梅雨の合間

青空は気持ち良い

今日は良く晴れてる。

梅雨の雨続きで久しぶりに見る空いっぱいの青空はやはり良いもんだ。

太陽の光も眩しい。

陽にあたれば夏の陽射しだ。

夏至

今が一年で一番昼間の時間が長い。

それなのに梅雨のせいであまり暑くはならない。

今日はそれでも30℃近く気温が上がるとニュースで言っていた。

ほんとうの夏がそこまで来ている。

透明度が悪い時のダイビング

最近の江之浦

最近の江之浦の様子は梅雨に入ってから透明度が落ちていたが深度10m付近で12mぐらい見えるほど回復している。

深度2~3mでは相変わらず悪い。

水温は20~22℃。

動かないダイビング

透明度のすこぶる悪い時の遊び方はあまり動かないダイビングが面白い。

透明度3mで遊ぶには動き回ってはバディーと逸れ易い、方向を見失うこともある。

透明度が悪いと言うのは伊豆や三浦、房総半島近辺では汚いのではなく、栄養分が豊富であることを前々回に説明をした。

魚は沢山いる、側にいるが見えないだけだ。

こちらからも見えない分、魚にとっても見えない。

なので魚に近く寄るチャンスでもある。

このような透明度の悪い時は中層を急いで泳がずに水底に留まるようなダイビングがよい。

着底し、動かない

サンゴの上に着底するのはご法度だが生憎江之浦近辺にサンゴはあまりない。

水底が岩、ゴロタ石、砂で何も生物がいなければ水底に着底しても問題ない。

実は泳ぎ回っていると魚は逃げてしまい見逃がすことが多い。

止まって静かにしていれば魚の方から見物にやってくる。

岩の表面をじっくり見ていると知らないものが見えたりする。

今日の写真は一緒に潜ったKMさんから借りている。

何がいる?

これは何か解るだろうか?

岩の表面に色々な海藻が付いている。

その中に魚がひそんでいる。

解らなくてもジックリ

解らなければ30秒ほどジックリ見て欲しい。

なんとなく魚の形が見えてくる。

左下が頭で尾は右上だ。

丁度背ビレを真上から見ている感じだ。

胸鰭も確認できるだろうか。

普通なら見過ごして通り過ぎている。

動かずにジックリ見ることで隠れている魚が浮かび上がってくる。

この魚は擬態疑色が得意なオニカサゴという魚だ。

これが正体

では解り易い姿をご紹介しよう。

全体的にゴミやコケでも着いているような魚だが全て皮膚が変化したもの。

ゴミやコケではない。

釣り人が呼ぶオニカサゴはこの魚と違い、もっと深い場所に棲むイズカサゴという魚だ。

味はイズカサゴの方が美味いという。

棘には毒がある

ダイビングで見るオニカサゴも背ビレ胸ビレの棘には毒があるので触らないように気をつけたい。

長いダイビング人生の中でダイバーがこのオニカサゴに刺されたという話を聞いたことがない。

今日の1回のダイビングで7匹以上は見ている。

これだけいるのに刺された被害を聞かないのはオニカサゴが逃げるからだ。

オニカサゴから襲ってくることは無い。

たいていはダイバーが近づくと岩に手や足を着く前にオニカサゴが先に岩の上から隠れるように逃げ出す。

かといって必ず逃げてくれるとは限らない。

いつも確かめるべき

手足を水底に着くときは何も生物がいないことを十分確かめてから着底するように心掛けたい。

今度オニカサゴ捜しというテーマを持って潜ってはどうだろう。

何もしなければ大人しい魚だし、止まっているので写真も撮り易い。

近くに寄れることがあれば顔をジックリ見て欲しい。

口の周りには皮膚が退化した沢山の皮弁が着いている。

正面顔は昔の怪獣のガラモンを想い出させる。

 

Go Dive !