wordpressのアドレスを変更で404error

またやってしまった

wordpressの設定→一般の画面でやってはいけない事をした。

サイトを表示すると今まであったホームページサイトに飛んでしまう。

なんとかwordpressのサイト編集画面を表示させたくて試行錯誤していた結果だった。

何をしたかというと

wordpress設定一般02
wordpress設定一般02

wordpressアドレス(URL)を変更した

するとwordpressにログインできなくなってしまった。

404errorと表示されなす術がない。

色々知らべてみた。

するとwordpressの設定の一般画面で絶対にしてはいけないことがwordpressアドレス(URL)を変更したり取り消すことだった。

wordpressアドレス(URL)を変更や取り消しをするとwordpressがサイトを見つけられず404errorが表示されるのだった。

これはまずい。

なんとか救世する方法はないかと進んでいるうちに一部の明かりが見えてきた。

FTPの中身を直接修正

wordpressではサイトにログイン出来ないので何もできない。

そこでFTPの中身を直接修正することができれば解決すると案内が出ている。

FFFTPから支持されたソフトを使ってフォルダを編集するが上手くいかない。

色々試すがFFFTPに上書きできないので諦めた。

私が使用しているサーバーはロリポップ。

復活への道

ロリポップのFTPを使う

ロリポップにもFTPを管理する画面があり簡単に編集できるとある。

早速ロリポップFTP画面を開いてみた。

ロリポップFTP08
ロリポップFTP08

wp-config.php

捜すのはwp-config.phpというフォルダだ。

wで始まるので下のほうにあった。

ロリポップFTP
ロリポップFTP

wp-config.phpのフォルダをダブルクリックして開けた。

けれど内容をこのままでは書き換えることができない。

ブロックされている。

ロリポップFTP09
ロリポップFTP09

ブロック解除

ブロックを解除するには右上の現在の属性を変更する。

オーナーの下の部分の書き込みにチェックを入れる。

そして画面一番下にある保存をクリック。

ロリポップFTP07
ロリポップFTP07

すると内容の表示が水色になり編集ができるようになった。

この文字が大事

次の文字をコピーして貼る。

define(‘WP_SITEURL’,’http://〇〇〇〇〇〇〇.jp’);

ただし〇〇〇〇〇〇〇.jpのところにはwordpressで消してしまったもとのアドレスを入れた。

貼りつける場所はdefineで始まる段落が続く、最後の段にした。

ロリポップFTP
ロリポップFTP

一番下に張り付けるとうまくいかないらしい。

これで保存するをクリック。

これで完了。

復活

無事、wordpressにログインできるようになりダッシュボード画面も開けるようになった。

そして設定の一般画面ではwordpressアドレス(URL)の欄に薄いグレーがかかり変更できなくなった。

最初からこうなってれば焦ることもなかった。

ちなみにロリポップのFTP画面は内容の変更ができない状態に戻して作業を終えた。