ちりがみ

欠かせないBOXティッシュ

1月も中旬を過ぎると嫌なものを想い出す。

そろそろ用心をしなければいけない。

苦手な花粉だ。

花粉症や風邪をひいた時に欠かせないのはティッシュ。

BOXティッシュは非常に便利で無いと落ち着かない。

部屋にも台所にも車内にも、そして社内にも準備してある。

昔は

昔はBOXティッシュやトイレのロールペーパーなどは無かった。

全てちり紙と呼ばれる四角い紙だった。

ちり紙がない時は新聞紙をくしゃくしゃに揉んで使った。

高級BOXティッシュ

通常のBOXティッシュ

BOXティッシュ1箱の値段はだいたい50円~70円位。

中には柔らかめでフワフワ、肌に優しいBOXティッシュを1箱400円以上の値段で売られているものもある。

鼻の噛みすぎで鼻下が痛いときなどは有難い柔らかBOXティッシュだ。

クリネックスの極

値段で言えばクリネックスの極は1箱1,000円もする。

薄い柔らかいティッシュの贅沢な4枚重ねでガーゼのような感触がある。

560枚が4枚が重ねで140組使える。

かなり良い高級感だ。

けれどまだ上がある。

七宝ティッシュ

BOXからは 赤・黄・橙・緑・水色・青・紫の七色が順番に出てくる贅沢なつくり。

鮮やかな色と柔らかな肌ざわりを楽しめる。

280枚の2枚重ねで140組使える。

値段は1,500円。

変わりもの黒いBOXティッシュ

箱もティッシュも全て真っ黒なBOXティッシュというものもある。

高級感という売りのようだがいつ使えば良いのだろうか?

320枚の2枚重ねで160組使える。

値段は1箱450円。

超高級BOXティッシュ

1箱10,000円のBOXティッシュ

風呂敷に包まれたBOXティッシュ、とてもBOXティッシュとは思えない感覚だ。

風呂敷入り BOXティッシュ
風呂敷入り BOXティッシュ

288枚の2枚重ねで144組使える。

1組70円、安いBOXティッシュなら1組で買えてしまう。

誰が買うのだろう?

良い香り

風呂敷を広げフタを開けると香る線香の香り。

ティッシュに香りが付いている。

蓋を開けたまま長い時間置いておくと香りは薄くなり無くなる。

鼻に優しい香りだ。

手触り感はざらつきは多少あるがきめ細く、柔らか、上質な肌触りだ。

12色のティッシュ

特製の箱に桜、緋、蘇芳、橘、菜の花、若緑、苗色、常磐緑、わすれな草、瑠璃、桔梗、藤の十二色のティッシュが順番に入っている。

名前を十二単(じゅうにひとえ)という。

御姫様が着る十二単をもとにデザインされている。

十二単 BOXティッシュ
十二単 BOXティッシュ

外観、質感、香り、色まで超高級のイメージを作る。

なぜここまで高い

製造に手間がかかる

紙を1色染めるのに1日必要。

染めたあとは機械を丸ごと洗浄しなければいけない。

1箱作るのに1ヵ月を要する。

機械は使わず全て手作業で丁寧に箱詰めし、風呂敷に包まれる。

1月あたりの注文は80箱ほどだ。

主に贈答品として買われている。