盗難の車両6台 その手口 350

盗難の車両6台 その手口

丈夫で人気の日本車

サーファーの盗難車一度に6台

昨日、茨城県大洗町の海水浴場の駐車場で6台の車が盗まれた。

6台ともサーフィン中に盗難にあった。

被害総額は1,000万円以上

昨年2016年に盗難にあった車は11,655台だ。

8割は戻らない

そして盗難にあった車両の80%は戻ってこない。

では80%の車両は何処へ行くのか?

昔は東南アジア、香港ルート

ロシアルート

最近はアフリカ、ドバイルートというのが多い。

組織で狙う

車両窃盗団は組織だって車を狙う。

長期的に盗めそうな車両と場所を狙っている。

盗んで売る車両にもランクがある。

1位 プリウス
2位 ハイエース
3位 ランドクルーザー
4位 アクア
5位 クラウン
6位 レクサス
7位 キャンター
7位 ハリアー
9位 アルファード
9位 セルシオ

人気の日本車

日本車は舗装されていない悪路でも壊れず故障が少ないので海外で人気

その他、工事現場に置き放しのトラックやクレーンのついたトラック(ユニック)なども狙われる。

外部の駐車場でも自分の敷地内の駐車場でも構わず盗難されている。

敷地内でインドアであれば流石に盗難は少ない。

ドアカギとエンジンキー

施錠していても盗難される

ピッキングのテクニックが使われてカギを開錠する。

施錠されていない車はさらに盗難されやすい。

今回、大洗で盗難されたサーファーの車両は施錠されていなかった。

盗難にあった場合に施錠していないケースでは車両保険がおり難い場合がある。

窃盗し難い状況は

施錠されているならばピッキングするのに少しの時間が掛かる分、盗難者としては少しやり難い。

また、車両が明るいライトで照らせたり、触ると音の出る警報器付の車両、設置カメラで撮影されているような駐車場も盗難者としてはやり難い。

駐車場の門を開くとガラガラ音が鳴るアコーデオン式の門などもやり難いだろう。

エンジンをかけるにはカギがいる

カギがない場合はコードを切って直結してエンジンをかける手口を使う。

また最近の車にはイモビライザーという装置がある。

カギにIDチップが着いていて車とIDコードが合えばエンジンが掛けられる仕組みだ。

盗難予防の為に作られたものだがイモビカッターと呼ばれる装置が中国で作られ50ドルほどでネット販売されている。

このイモビカッターを使用するとIDコードは初期化され他のカギでも簡単にエンジンをかけることが出来てしまう。

そしてエンジンをかけて盗まれた車両は何処へ?

なぜ80%もの盗難車が消える?

次回に続く




返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA