日本最大の海藻はコンブ

皆の知ってる海藻

海で育つ植物、海藻。

陸上の植物と同じで太陽の光を受けて光合成をしている。

海藻と言えばワカメ、コンブ、アサクサノリ、アオノリ、テングサなどが知られている。

日本で一番大きな海藻

日本で一番大きな海藻はコンブ、長昆布という種類が最大で幅18cm、長さ20mになる。

1枚の布を長く伸ばしたイッタンモメンのような形、ワカメのように葉の外縁がグジャグジャ伸びない。

寒い地方でしか生育しない。

東北や北海道の20mより浅い海岸近くで育つ。

美味しいコンブ

コンブは食用として昔から利用されている。

出汁、おでん、煮昆布、佃煮、昆布巻きなど美味しい料理の大事な材料。

コンブの穫れない沖縄が日本で一番コンブを消費している。

世界最大の海藻ジャイアントケルプ

ジャイアントケルプ(マクロシスティス

世界で一番大きな海藻はジャイアントケルプ、学名は Macrocystis pyrifera 、属名をマクロシスティスという。

大きさは50mになる。

残念ながら日本にはない。

日本にないのにオオウキモの名

以前、日本名は無かった。

日本にない海藻、食用にもされない、誰も知らないジャイアントケルプに日本名が無いのは当たり前。

現在は「オオウキモ」という日本名がついている。

誰が名前をつけたのか?

これは日本の水族館でジャイアントケルプが展示されるようになって日本名「オオウキモ」をつけたらしい。

ジャイアントケルプの自生場所

ジャイアントケルプが自生している場所は北アメリカの太平洋側アラスカ~カリフォルニア半島がよく知られている。

でも他にもある、南アメリカ太平洋側南部、オーストラリア南部、アフリカ南部の水温が低い場所。

海水温が22℃以上になる海でジャイアントケルプは育たない。

ジャイアントケルプの英語名は巨大な海藻という意味、巨大なコンブではない。

ジャイアントケルプの形状

海底の岩盤に張り付いている根状の部分、つるのような茎状の部分、葉のような葉状の部分、それといくつもの浮袋。

日本最大のコンブにもワカメにも浮袋はない。

ホンダワラの仲間は似たように浮袋を持っている、気胞と呼ぶ。

ヒジキやギバサで知られるアカモクもホンダワラの仲間でいくつもの気泡を持っている。

ジャイアントケルプはコンブのような1枚の布状ではなく、ホンダワラに形状が似ている。

水底の根から茎が伸び水面へと向かう。

ところどころ茎から葉が延びる、また葉の付根部分に気泡がある。

気泡はその浮力によりジャイアントケルプを水面へ立たせ、長い余った部分は水面で横になり浮いて光合成をする。

ラッコが海藻をお腹にからめて寝ているのはこの部分。

一日に50cm伸びる海藻としても有名。

ジャイアントケルプの海中林

長さ50mにもなるジャイアントケルプが多く茂る水中は、林のようにな景色を作り出す、海中林と呼ぶ。

ジャイアントケルプの林は魚類や貝類などの軟体動物、ウニなどの棘皮動物のエサになるだけでなく、隠れ場所、餌場、産卵場、稚魚の発育場所、休息場所になり、豊富な酸素を放出している重要な生物環境をつくっている。

多くの魚や小動物、アザラシやラッコなどの大事な生活場所。

ジャイアントケルプは食用にはされないが多くのアルギン酸があり、サプリメントや肥料のため乱獲されている。