平成最後の天皇誕生日

12月23日

今日は2018年12月23日天皇誕生日だ。

2018年 12月 23日 朝日 am07:10 晴れのち曇り雨

それも平成最後の11月23日の天皇誕生日だ。

来年4月30日に退位されると12月23日は天皇誕生日でなくなり、休日もなくなる。

皇太子殿下(幼名:浩宮殿下)が5月1日に即位され新しく天皇陛下となるので皇太子徳仁親王殿下(こうたいし・なるひと・しんのう・でんか)の誕生日2月23日が2020年から天皇誕生日となる。

天皇誕生日の無い年

2019年は天皇誕生日が無い珍しい年になる。

2019年2月23日はまだ皇太子殿下は即位していないので天皇誕生日にできない、また2019年12月23日は今上天皇は退位しているので天皇誕生日ではない。

ゆえに2019年だけは天皇誕生日の無い年になる。

過去の天皇誕生日と祝日

過去の天皇誕生日をみると明治天皇の誕生日は11月3日、文化の日で祝日になっている。

大正天皇の誕生日は8月31日、祝日でなく平日。

昭和天皇の誕生日は4月29日、昭和の日として祝日となった。

そして今生天皇の誕生日は12月23日、祝日でなく平日になる予定だ。

85歳の誕生日

皇居

今上天皇は今日、85歳となられた。

皇居の一般参賀は8万2千850人の人集まった。

過去最高だ。

平成最後の誕生日

平成最後の誕生日ゆえの大人数だ。

来年の12月23日には今までのようにお顔を見せて頂けないかもしれない。

最後の記者会見になるかもしれない、そんな思いで臨んだとう天皇陛下のお言葉

天皇陛下のお言葉

「誕生日にあたり 大勢のみなさんから このように祝意を受けることを 誠にうれしく思います 今年も 残念なことに 各地で災害が起こり これにより家族や親しい人を失い あるいは 被害を受け 今も不自由な生活を送っている 人々のことを思い 深く案じています 冬至が過ぎ あとわずかで新しい年を迎えます 明けてくる年が皆さんにとり 明るい良い年となるよう願っています 皆さんの健康と幸せを祈ります。

天皇としての旅を 終えようとしている今 私はこれまで 象徴としての 私の立場を受け入れ 私を支え続けてくれた多くの国民に 衷心より感謝するとともに 自らも国民の一人であった皇后が 私の人生の旅に加わり 60年という長い年月 皇室と国民の双方への献身を 真心を持って果たしてきたことを 心から労いたく思います。」

誰にでも優しい天皇陛下、どうも有難うございました。