台風12号東から西そして南下

いつもの逆コース

一昨日伊豆半島下田沖を通過した台風12号は紀伊半島に上陸した後、いつものコースを逆に進み現在屋久島近辺にある。

時間をかけて台風はゆっくりと中国大陸へと進む予想になっている。

水温の高い海域にいる今、再びパワーをため強く大きく育っている。

嫌な予想が的中

心配していたことが起こってしまった。

神奈川県小田原市江之浦海岸近くの国道では台風の接近と大潮の満潮、高潮が重なり大きな被害が出ていた。

海岸沿いの道に大波が押し寄せ、車15台が流され身動きできなくなった。

その中には救急車やパトカーもあった。

その場にいた29名は高台に避難して人命に問題は無かったが車は大きく壊れ、道路の所どころゴロタ石などが散乱した。

昨日撤去作業が行われたが、熱海から早川までの海岸道路は通行止めになり、旧道を利用せざるをえない。

江之浦ポイント破壊

大波が駐車場まで

小田原の早川から熱海、東伊豆全体で被害が出ている。

江之浦ではエントリーポイントならびに駐車場が壊れてしまった。

現地神奈川のニュース動画

残念だ。

嫌な予想が当たってしまった。

江之浦復旧期間閉鎖

しばらく江之浦に潜れなくなる。

江之浦2018年台風12号破壊07

エントリーポイントのかなり上までゴロタ石が上がってしまっている。

このゴロタ石の下にエントリーをし易くするためのコンクリートがひかれている。

潮が引いた時の波打ち際まで10mぐらいはゴロタ石や岩を撤去しなければならない。

水中の地形も変わってしまったか?

大介は元気にしているか?

軽自動車まで流される

江之浦2018年台風12号破壊08

駐車場のエントリー口、定置網やらロープが流されている。

おまけに軽自動車まで流されて堤防の上に乗っている。

網はまだ使えるのだろうか?

軽自動車は廃車にするしかない。

堤防からどうやって下ろす?

大量のゴロタ石

江之浦2018年台風12号破壊06

駐車場の奥まで多くのゴロタ石が入っている。

波が堤防を乗り越えて運んだ大きなゴロタ石だ。

人力で片付けたら翌日は腰痛で動けなくなりそうだ。

フォークリフトが活躍。

更衣室ボロボロ

江之浦2018年台風12号破壊

休憩室の入り口まで更衣室が流されボロボロになっている。

水揚げ用のイケスやブイが流されここに集められた感じだ。

江之浦2018年台風12号破壊02

壊れた更衣室を撤去する。

フェンスは全壊

右側のフェンスが壊れグチャグチャだ。

ウエットスーツやドライスーツを干していたフェンスが無くなった。

休憩室の中はどうなったのか?

シャワー全壊

江之浦2018年台風12号破壊04

シャワースペースと洗い場は全壊。

洗い桶も流されている。

ここまで大波がやってきて色々なものを流し破壊していった。

これらすべてのものを元通りにするにはどれぐらいの時間と費用が必要か?

11年前にも江之浦は壊れた

この時の方が酷かった

ちなみに今から11年前、2007年9月に同じようなコースをたどった時の台風9号による被害はもっと酷かった。

その時の写真がこれだ。

20070907台風9号01

駐車場全体のアスファルトが剥がれてしまった。

恐るべきパワーだ。

駐車場とエントリーポイントは使用不能

20070907台風9号04

何もない。

20070907台風9号03

エントリー用の分厚いコンクリートまで壊れてしまった。

これではタンクを背負って歩けない。

波の力は凄い。

早く直って欲しい

今回は復旧にどれぐらいかかるだろう。

人命に問題がなかったのは何よりだが繁忙期のこの時期にゲストを受け入れ出来ないのは凄い痛手だろう。

被害にあわれた現地の方へお見舞いを申し上げます。

一日も早い復旧を祈っています。

 

Go dive !