年末大晦日は角上魚類で買い出し渋滞

大晦日の買い出しは角上渋滞

鮮魚の買い出し

今年もとうとう大晦日。

2022年ももう数時間で幕を閉じる。

毎年恒例の鮮魚の買い出しへと出かける。

目指すは角上魚類川口店

高くとも魚の鮮度

どうしても正月に食べる鮮魚は大晦日に入手するしかない。

値段も通常の1.5倍ぐらいになる。

背に腹は代えられない。

値段が高くともここの魚は鮮度が良い。

車に保温バッグを乗せエンジンを回す。

角上渋滞は2時間

陸橋通りを走り第二産業道路を右折。

と思った曲がれない。

角上の渋滞がここまで伸びている。

今までで一番の渋滞。

覚悟はしていた。

がやはり凄い。

4ブロック手前の交差点まで左折ラインが停滞。

その影響で中央ラインも渋滞。

角上前の駐車場に入るには2時間弱はかかりそう。

臨時駐車場渋滞40分

webサイトで調べて一番遠い臨時駐車場に車を廻す。

当然こちらも渋滞。

他より小さな駐車スペースだが解りずらい場所。

その分渋滞も短いと読んだ。

40分ほどの渋滞で駐車場へin。

角上まで歩く。

見回すと4ヶ所の駐車場が全て大渋滞。

それでも臨時駐車場渋滞が一番短い。

今は昼時、夕方にはさらに混む。

角上魚類は店内も渋滞

勝負は20分

角上魚類の着けば入場するのも並んでいる。

中は満員。

御徒町大晦日のアメ横と変わらない。

買い物カゴが邪魔で前に進めない。

決まった順路というのはない。

欲しいものがあるブースだけ巡る。

今日は他の商品を見る余裕はない。

この人混みの中、20分以上いたら酔ってしまう。

塩焼きブラックタイガー

最初の生鮮コーナーにはエビカニが並ぶ。

甲殻類ブースにはアマエビ、ブラックタイガー、とっても太い1匹450円の赤いエビ、ズワイガニ、1匹6500円の毛ガニの順で並ぶ。

塩焼き用のブラックタイガーを入手。

鮮魚コーナーはパス

鮮魚コーナーに並ぶのは長崎産マアジ?

いつもならGetだが今日はさすがにない。

そしてマダイ。

これもパス。

ブリにサーモンと続くが半身買いか1匹買いなのでパス。

今日のマグロは本マグロとホンマグロ

中央側の冷蔵ケースには刺身用の柵が並ぶ。

本日のマグロは全て本マグロ。

国産生本マグロと養殖モロッコ産冷凍ホンマグロの2種類。

メバチマグロは見つからなかった。

迷ったあげく、冷凍ホンマグロの中トロと赤身、それとアトランティスサーモンを入手。

最後にマダコの半身をカゴに入れてレジへ。

清算を済まして角上を後にする。

今年の夏にマダコ24匹釣ったことを想い出す。

正月3が日も営業

角上駐車場

角上魚類川口店は大晦日が最終日ではない。

元旦、2日、3日も営業している。

時間は8:00~18:00。

4日は定休日。

2018年大晦日の角上店舗内