浦和駅西口再開発

浦和駅西口再開発はいつから?

浦和駅西口の駅前が再び変わる。

今ある店舗などを全て除去し、高層マンションを建てる計画。

いよいよ2022年4月より一部の店舗の取り壊しが始まるらしい。

完成は2027年7月を目指す。

その区域とは何処か。

浦和駅西口再開発の地域は何処

浦和駅西口を出て東京方面の地域。

浦和区高砂1~2丁目の一部。

県庁へ行く大通りの左側。

線路際から細い路地が4本あり飲食店なども多く、昼食時や仕事帰りの憩いの場所。

線路側から見れば、駅横のホテルメッツと朝日生命ビルを残してワシントンホテル前の道まで。

奥はエイペックスタワー前の日ノ出通りまで。

施行区域約1.8ha、建築面積約10560㎡。

昭和、平成、令和と続けてきた店も見納めに。

すでに新店舗へ引っ越した店もある。

今残っている店舗もいずれは立ち退きのため移転するか閉店。

浦和駅前徒歩1分の27階高層マンション

浦和駅西口再開発のビルはどんな?

出来上がる高層マンションのイメージ。

地下3階、27階建て、高さ98mの高層マンション。

隣のコスタタワーは31階で高さ107.5m、エイペックスタワーは31階で高さ104m、浦和では3番目の高さになる。

高層マンションにはどんな施設が?

商業施設と業務施設が地下1階~地上3階。

公共公益施設を地上3階~4階に

免震層を5階に

住宅施設を地上6階~27階に

駐車場を地下2階に

複合施設を地下3階に

建設する予定。

公共公益施設には

公共公益施設は市民会館うらわが移転入居。

中ホール(650席程度)

小ホール×3(30~100席程度)

スタジオ9室

展示室(200㎡)

和室、会議室などを計画。

住宅施設は何戸?

新高層マンションの住宅施設は506戸を予定。

隣のコスタタワーの住宅数は216戸、エイペックスタワーの住宅数は101戸。

2つの高層マンションを足したよりも住宅数が約190戸も多い。

新高層マンションひとつで1つの町。

浦和駅前徒歩1分で人気

治安の良い人気の浦和駅の駅前。

徒歩1分。

正面には伊勢丹とコルソ。

駅を渡ればPARCOがあり映画館もある。

気になる値段は?

果たしてこのマンション1戸いくらするのか?

部屋の大きさと階数によって変わる。

安くても6000万円代から3億円代の値段がつきそう。