千葉県安房郡鋸南市勝山は魚パラダイス

かっちゃまダイビング

かっちゃまへ行ってきた。

スキューバタンク

今回、どうしてもカメラに納めたい生物がいた。

かっちゃまは千葉県安房郡鋸南市勝山にある。

かっちゃまは東京湾

房総半島の内房、東京湾に面している。

東京湾と言っても入り口よりも外側、三浦半島の先端にある城ヶ島よりも南側に位置する。

国による東京湾の定義が房総半島の先端、洲崎から三浦半島の剣崎を結ぶ直線より内側を東京湾としているので、かっちゃまは東京湾になる。

勝山漁港から船に乗り3分沖へ出れば魚パラダイス、浮島の周囲すべてがダイビングポイント。

陸からは徒歩で行けないため魚も生物も豊富、外房からの流れと東京湾の流れが入り混じり、沖には1000mの深度を越える東京湾海溝がある。

このような海底地形ゆえ多用の海洋生物が生息する。

憧れのクロマルケボリダカラ

クロマルケボリダカラ

期待の生物はクロマルケボリダカラ。

実は初めて見つかってから時間があまり過ぎていない。

ゆえにこの貝の正式な名前がついていない。

クロマルケボリダカラは現在仮称、種の同定確認中。

大きさは6~7mmほどしかない。

クロマルケボリダカラ

ニンジンが棲家

クロマルケボリダカラは何故かこのニンジンのような生物に付着して生活している。

今まで他の海域で見たことのないクロマルケボリダカラ。

人参のような生物も見たことがない。

クロマルケボリダカラ

黒斑点模様は外套膜

オレンジ色に黒の斑点。

どうやら黒い斑点は外套膜の模様。

タカラガイの仲間らしく貝殻全体を外套膜でおおう。

刺激を受けると外套膜を貝殻に引き縮める。

貝殻の色も人参色。

クロマルケボリダカラ

ミナミハコフグ似

ダイバーの人気者、ミナミハコフグの子供に似ている。

黄色地に黒丸のドット柄。

子供だけの色柄。

ミナミハコフグの子供

柄はソックリだけれど関係はなさそう。

トラフケボリダカラは親戚

そして仲間と思われるトラフケボリダカラは模様こそ違えど、オレンジと黒の配色が似ている。

親戚すじと思われる。

生息するのは腔腸動物、サンゴの仲間であるヤギ類の上。

トラフケボリダカラ

クロマルケボリダカラの家、ニンジンは何?

クロマルケボリダカラが生息するニンジンのような生物は何なのか?

この先は想像でしかない。

クロマルケボリダカラのエサはたぶんこのニンジン。

ニンジンのエキスを吸っているのか?表面をかじっているのか?は解らない。

クロマルケボリダカラ

ニンジンから栄養をとって体をオレンジ色に染めている。

ニンジンの表面は細かいシワが入り、もっと大きく伸びると想像できる。

また、まばらにある模様の6片の黄色いキクマークはポリプの痕跡に思える。

ニンジンは夜行性?

きっと夜になるとこの模様からポリプを出し、プランクトンを捕食するのではないだろうか?

クロマルケボリダカラ

現在、かっちゃまの浮島ではナイトダイビングを開催していない。

夜になると、どのように変身するのか?

確かめる術がない、想像で楽しむのみ。