新型コロナウイルスが流行る世界

新型コロナウイルス感染で誰が喜ぶ

まことに困った状況になった。

誰しもこんな状況は望んでいない。

新型コロナウイルス感染が広まって喜んでいる人はいるのだろうか?

新型コロナウイルスは誰もが困っている

誰もが仕事が減り、給与が減り、生活費が無くなる。

移動を制限され、外出を制限され、遊びを制限された。

または過酷な仕事、危険な仕事を続けなければならない医療関係従事者。

新型コロナウイルス感染騒ぎが収束ではなく、終息しない限り明るい世の中が見えてこない。

仕事をしたい

仕事をしたくても、今仕事をすることは新型コロナウイルス感染の可能性を広げる。

もし同じ個室空間に感染者がいれば可能性が高い。

誰が感染者なのか?

いつ感染者になるのか?

誰も解らない

これでは何も出来ない。

新型コロナウイルスの予防

マスクをするのは飛沫感染から予防する。

外出から建物に入った時に手を洗うのは新型コロナウイルスから感染を予防する。

うがいをするのも新型コロナウイルスから感染を予防する。

密閉、密集、密接の三密を避けるように政府が呼び掛けているのも新型コロナウイルスの集団感染を避ける。

新型コロナウイルス感染を4週間我慢

新型コロナウイルスに感染すれば

新型コロナウイルスに対するワクチンが出来るのは1年以上も先。

新型コロナウイルスに感染すれば軽症の人もいれば無症状の人もいる。

重傷の場合は重篤度が酷く、短時間に死亡する確率が高くなることも知られてきた。

色々解らない新型コロナウイルス。

今解っていることは新型コロナウイルスは年齢に関係なく誰でも感染することが可能。

潜伏期間が14日間、無症状から軽傷さらに重篤まで症状があり、重篤の場合死亡率が高くなる。

新型コロナウイルスを避けるには

  • 接触感染を避けるためには他人と接触しないで距離をおいて生活する。
  • 感染者が触った物体に触らない。
  • 感染者の飛沫、咳による飛沫、クシャミによる飛沫、会話による飛沫、呼吸による飛沫から感染を避ける一番の方法は他人と同じ空間の中で呼吸をしない。
  • 新型コロナウイルスに感染しないようにする一番の方法は他人と離れて暮らす。

新型コロナウイルスは伝染病

新型コロナウイルスを伝染させるのは人間。

今、最も危険な生物は人間。

新型コロナウイルスは目に見えない。

新型コロナウイルスに感染していても症状が出なければ解らない。

知り合いなら警戒心も薄く、気楽な会話による飛沫感染、間接接触による感染、直接相手に触れる接触感染。

新型コロナウイルスに感染しないようにするには他の人間を遠ざけ、自分を遠ざけ、接触しなければ感染しない。

長い時間、一人だけで生活するのはとても難しい。

また完全に単独で生活することなど無人島や山の中でない限り無理。

接触はせめて家族だけ、食物を入手する精算時の近距離接触以外は出来るだけ避ける。

時間は4週間

時間は4週間だけ、もうすでに1週間は過ぎている。

あと残りの3週間で新型コロナウイルス感染者が極端に減らなければ、その先にはさらなる過酷な状況が待っている。

街中を歩くのを控えるのも効果的、今は夜の外食も出来るだけ避け、おとなしくする。

新型コロナウイルスを他人と共有する空間へ自分の身を捧げる必要はない。

是非5月6日まで休業、自宅待期、自粛など出来るだけ頑張って欲しい。