睾丸を噛み千切る魚

今は日本に生息してない

あなたがもし男性ならこれから気をつけるべきかもしれません。

水着や下着もつけずにスッポンポンで水に入っていると睾丸を噛み千切る魚がいるのです。

この魚は現在日本には生息していません。

かといって安心出来ない事件が起きています。

アマゾン生まれのパクー

アマゾン川に棲むピラニアは肉食で人や動物を襲うことで世界中に知られています。

その魚はピラニアにの親戚で草食性でパクーと呼ばれています。

形もピラニアによく似ています。

種類も多く、発色の良いものもありアクアリウム家に人気の魚です。

大きなパクーは25kg

パクーは通常20cmほどです。

種類によってはピラニアよりも大きく育ち、寿命はおよそ20年、体長90cm、体重25kgにもなる大型魚がいます。

もちろんパクーもアマゾン川に棲んでいます。

アマゾン川ではピラニアやパクー、ガンディルなどの危険な魚がいるため素っ裸で水に入る地元住民はいません。

パクーは草食性のピラニア

パクーは草食性のピラニアの総称です。

パクーは水性植物や水面に落ちてくる種子や実を食べる他、小型の魚や昆虫を食べることもある雑食性です。

歯はピラニヤのように鋭くはありません。

人間の歯に似ています。

このしっかりした歯で種や硬い木の実も噛み砕いて食べることが出来ます。

ボールカッター

男性が素っ裸で水に入っているとパクーが木の実と間違えて睾丸を噛み千切ってしまうことがあるのです。

そのためボールカッターという別名があります。

現地では被害に合う男性もいて恐れられています。

男性にとっては恐ろしい

これは男性にとっては恐ろしいですね。

泳いだり、水浴びをしていると去勢されてしまうとは恥ずかしいやら恐ろしいやらで怖くて川には入れません。

いつものように水着をはいて隠していれば心配ありません。

ボールカッターという名前がつけられているパクーですが気の荒い魚ではないようです。

ピラニアに比べ歯の鋭くないパクーは取り扱いもしやすく、焼いて食べても美味しいため養殖をされています。

大きく育ったパクーは歯が丈夫で人間の指など食い千切る力があるので注意が必要です。

個人的にはパクーの養殖池では泳ぎたくないですね。

海外でのボールカッター事件

パプアニューギニアでパクーに睾丸を食い千切られ死亡

日本の真南にある南国の島パプアニューギニアでもパクーによる事故がおきています。

川で漁師が素っ裸で体を洗っているとパクーに睾丸を食い千切られ、出血多量で死亡するという事故がありました。

パプアニューギニアでは2名の漁師がパクーに睾丸を食い千切られています。

水の中に入る時はパンツをはくようにと注意されるようになりました。

アマゾン川から輸入放流

パクーがパプアニューギニアいる訳は過去にアマゾン川から輸入し、川へ放されたからです。

パプアニューギニアは赤道に近くで川の水温も高く、エサとなる植物や種、木の実も豊富でパクーが育つには十分な環境です。

タンパク源として川に放されたのでしょうが今は男を脅かすボールカッターに姿を変えました。

「たった1粒で糖質なかったことに!」
【ザ糖質プレミアムダイエット】

スエーデンの海でパクーが見つかる

なぜスエーデン?

なぜかヨーロッパのスエーデンとデンマークの国境近い海でパクーが見つかっています。

大きさは20cmほど。

なぜ淡水魚のパクーが海にいたのでしょう?

そしてなぜ生きていられたのか?

水温の高い時期

日本よりも北極に近いスエーデンの海は寒い海域なのでパクーには厳しい環境です。

専門家によればこのパクーがとれた時期は比較的水温が高い時期なので生きていられたようです。

淡水魚は少しの間なら海水でも生きています。

誰が放した?

また個体が20cmとそんなに大きくないのでアクアリウム家が放したまだ間もないパクーではないかと考えられています。

その他、アメリカの淡水やフランスの川でもパクーの目撃情報があります。

アクアリウム家か?

繁殖のためか?

釣りの対象魚のためか?

放流はしないようにお願いします

日本でパクーを販売しているアクアリウム店は沢山あり、通販でも入手できます。

名前はパクーではなくメチニスやミロソマ、カラシンと呼ばれています。

既に飼育されてる人も多いかもしれません。

もし、日本の川や湖、池に放したら夏は自然に育つでしょうし、越冬もするかもしれません。

パクーが育つ日本の川や湖なんていうのは嫌ですね。

日本の川で素っ裸で泳ぐ人はいないと思いますが「睾丸を食い千切られた」なんていう恐ろしいニュースは見ないようにしたいものです。

睾丸を食い千切る魚はパクーだけではなかった

カンボジア国内のメコン川

東南アジア最長の川、メコン川にその魚は生息しています。

メコン川はチベット高原を源流とし、中国の雲南省、ミャンマー、ラオス、タイ、カンボジア、ベトナムを流れる4200kmの大河です。

10代男の子が魚に睾丸を食い千切られる

カンボジア国内のメコン川の支流では漁をしていた10代の男子が魚に睾丸を食い千切られる事故が起きています。

カンボジアのトンレサップ湖では沢山の漁師が腕や足の肉を食い千切られる事故が続いています。

これらの魚の正体はパクーではない別の魚です。

犯人は淡水性のフグ

淡水性のフグが数々のトラブルを生じさせています。

日本ではフグと言えば毒があり、怒らせばふくれ、板さんが料理すれば美味しい魚というイメージです。

そのフグが睾丸を食い千切るとは信じられないような話です。

指も噛み切るフグの歯

フグの歯は小さくても見かけによらず鋭いです。

釣り糸などは簡単に切ってしまいます。

唇が可愛いからといって絶対に口の中に手を入れてはいけません。

指を噛みつかれれば千切れてしまいます。

カンボジアのメコン川は透明度も悪く、興奮したフグに偶然噛みつかれることもあるようです。

どちらにしろ何処へ行っても水に入るなら、ボールカッターに襲われぬように水着は必要ですね。

出来ればウエットスーツなどの保護スーツも切れれば良いのでしょうが・・・

まとめ

睾丸を噛み千切る魚

アマゾン生まれのパクー、別名ボールカッター。

寿命20年で25kgの巨大淡水魚。

パクーは草食性のピラニアの総称でしっかりした歯を持つ。

水生植物、種、木の実を歯で砕いて食べる。

水着を着てないと木の実だと間違って睾丸を食い千切ることがある。

美味しいので養殖されている。

海外でのボールカッター事件

パプアニューギニアで2人の漁師がパクーに睾丸を食い千切られ死亡。

アマゾン川より輸入したパクーが育ってボールカッターに変身。

スエーデンの海でパクーが見つかる

アクアリウム家が放したらしい。

パクーを逃がさないでください。

睾丸を食い千切る魚はパクーだけではなかった

カンボジアのメコン川で10代の男の子が睾丸を食い千切られた。

正体は淡水性のフグ。

フグの歯は指を食い千切るほど鋭い。

水に入る時は何処でも水着をつけよう。

時短&簡単にムダ毛をOFF 除毛クリーム ラグジーブレア