カミソリウオともフウウライウオとも呼ばれ

ゆらゆら動く変な葉っぱ

水底をゆらゆら。

まるで葉っぱ。

なみに揺られてフラフラ。

ゴミにも見える。

流れに身を任せ行ったり来たり。

海藻か?

海藻か?虫か?カニか?エビか?魚か?宇宙人か?

藻屑と一緒に。

ユンラ、ユ~ラリ、フラフラ、フ~ラ。

口を下にして逆立ちをしたま泳ぐ。

色は葉っぱ色、黄色、緑、茶、赤色がある。

擬態の名人

完全に擬態、変装名人。

小さな目、小さな変わった口、ヒレの形も不通の魚と違う。

ほんとにお前は何者?

思わず立ち止まってじっくり見つめてしまう。

その後何処へ行ったのか?

誰かに追われたのか?

姿を消してしまった。

カミソリウオ(フウライウオ)のペア

カミソリウオのペアを発見

そして一週間後、テトラの前の窪みにフラフラする緑色を見つけた。

水底近くをフ~ラ、フラリ。

二匹仲良く寄り添って離れない。

先週いた子が彼女を見つけたのだろうか。

たぶんきっとそう。

嫁さんをもっらたのだ。

新婚生活中あまり邪魔をしたくはない。

別れる原因になるなどはもってのほか。

既に卵を

でも、もしかして?

嫁さんをもらったところではなく既に子供まで作っている?

ずいぶん手が速いじゃないか。

小さい痩せて見える方がオス、大きい体の方がメス、たぶん一週間前に見たのは体の小さいオス。

メスの胸ビレ

メスの胸ビレ、ひときわ大きな胸ビレをしている。

そしてこの大きな胸ビレを閉じたまま開かない。

波に動揺され、右に流されても、左に流されても、胸ビレを閉じたまま。

岩にあたっても胸ビレは開かないかもしれない。

胸ビレの中にある大事なお宝を誰にも見せたくない。

そんな意思が伝わってくる。

胸ビレの中にタマゴ

メスが大きな胸ビレで隠しているもの、二匹が今もっとも守りたい大事な卵。

このまま子供が孵化するまで胸ビレの中がユリカゴ。

この波の揺れの中でも2匹はお互いで離れないように気を使っている。

明日からの台風で飛ばされなければ良いのだが・・・

カミソリウオとフウライウオ

この魚の名前はカミソリウオ、別名フウライウオとも呼ばれる。

10年程前まではカミソリウオとフウライウオは別の種類の魚とされていた。

さらに30年前は同種と言われ、私には名前がコロコロ変わる魚という印象。

現在はカミソリウオもフウライウオも同じ魚になっている。

じっくりこの変わった魚を見て欲しい。