夏風邪はウィルス

ウィルスの好きな梅雨

今年の梅雨は梅雨らしい。

昔の梅雨は雨が3日以上続き晴れたと思えば直ぐに雨の日が続き、気温も暑くはなく肌寒い。

まるで今の状態、雨が続き肌寒い、晴れたと思えばまた雨の日が続く。

これが本来の梅雨。

梅雨らしくない梅雨

ここなん年も梅雨だからと言って雨が続くなんていうことはあまりなかった。

雨が降っても長続きしない。

天気の良い日が続き、気温も高い。

梅雨というより夏という感じ。

梅雨らしい梅雨

今年は本来の梅雨が戻ってきた。

こう涼しい、肌寒い日が続くと体調を崩す人も多くなる。

「夏風邪は長引く」とか「夏風邪は馬鹿はひかない」とか言われる。

風邪はウィルス

風邪は細菌でなくウィルス、細菌とウィルスでは1/1000大きさが違う。

ウィルスの方が圧倒的に小さい。

なので一般の抗生物質では効力が薄く役にたたない、そのウィルスに適応した風邪薬でないと効果がない。

夏風邪ウィルスは湿気が好き

冬の風邪ウィルスは冬期の乾燥した空気を好むが、夏風邪ウィルスはジメジメした湿気の多い空気を好み増殖する。

屋外プールで感染するケースも多い。

飛沫感染や接触感染、タオルの貸し借りやペットボトルの回し飲みなどでも感染する。

風邪にかかると一般に改善するのに7~10日間必要。

夏風邪ウィルス予防が大事

夏風邪予防

風邪に感染しないように予防することが大切。

体力が低下すればそれだけ風邪ウィルスに感染しやすくなる。

まずはウィルスに対抗できる体力維持が不可欠。

  1. 外出より帰宅したら手洗い30秒、うがいも実施。
  2. 体力が下がらないように十分な栄養をとる。
  3. 身体が疲労しないように十分な睡眠をとる。
  4. 口内や喉が渇かないようにこまめに水分を十分とる。
  5. 患者の接触には十分気をつける。
  6. エアコンの使い過ぎに気をつける。

エアコン

エアコンのかけ過ぎに注意、温度の寒暖が大きいと体温調整が難しくなってくる。

外気温が下がったり上がったりの梅雨の時期も注意が必要。

エアコンの冷房スイッチを入れたとたんカビくさい匂いがしたら要注意、カビ、ダニの死骸、ホコリ、などが噴出されている。

直ぐにでもフィルターなどを洗浄しよう。

何年も使用したエアコンは専門業者に頼んでエアコンの奥に溜まった細菌やウィルスを洗浄したい、黒い液体がウソのように排出するのでビックリする。

寝る時には腹部を冷やさないように注意、ふとんをどうしても剥いでしまう場合は抱き枕や腹巻も有効。

梅雨が終わり暑い夏が来ても夏風邪ウィルスは繁殖を続ける。