ケラマでウミガメ

ウミガメに会う

ケラマに来たらやはりここにも潜りたい。

ウミガメがいつもいるポイント。

よほどこの場所が気に入っているのだろう。

アオウミガメ

外敵が少なく、エサが近くにあり、昼寝をする窪みがある場所。

流れもそこそこあるので透明度も良い。

ウミガメは2種類

ここで見られるウミガメは2種類。

アオウミガメとタイマイ。

日本で見られるウミガメの多くはアオウミガメ、そしてタイマイ、アカウミガメは最近あまり見られなくなった。

アオウミガメとタイマイの違い

アオウミガメ

日本で一番多く見られるウミガメがこのアオウミガメ。

子供のうちは雑食性で魚、甲殻類、クラゲなどなんでも食べる。

人間が捨てたビニール袋を食べ、腸閉塞で死んでしまうことが問題になっている。

大人になると浅い場所で海藻を食べるようになる。

外見は黒っぽい個体、茶色い個体など青く見えないアオウミガメがほとんど。

海藻食のため色素が脂肪に移り、解体したとき脂肪が緑色なのでアオウミガメと呼ばれた。(緑をなぜ青と言う?)

一部の地域では食用として今でも食べている。

アオウミガメ
アオウミガメ

ごらんのようにアオウミガメだが赤っぽいし、背中の模様はベッコウ細工のような模様。

アオウミガメ
アオウミガメ

この子もアオウミガメなのに赤っぽいし、背中の模様もベッコウっぽい。

アオウミガメ
アオウミガメ

やはり同じように赤っぽく、甲羅の模様も判断しにくい。

アオウミガメ
アオウミガメ

①アオウミガメの特徴は嘴が尖らないこと。

②目の後ろ側の黒いウロコが4枚、さらにその後ろ側に細かいウロコが多くある。

③下あごは白い。

アオウミガメ
アオウミガメ

④甲羅の後ろ半分の縁がギザギザ飛び出ていない。

タイマイ

ベッコウ細工の原料として捕獲されていた。

ベッコウガメとも呼ばれている。

タイマイ
タイマイ

ワシントン条約で現在商取引禁止。

アオウミガメよりやや小型。

生息域は同じ、アオウミガメより個体数は少なく見える。

主にカイメンを主食とするが他に甲殻類、ソフトコーラル、ウニ、海藻も食べる。

タイマイの肉は地域によって毒があり、シガテラ中毒のような問題を起こす。

タイマイ
タイマイ

アオウミガメに似るが相違点がある。

タイマイ
タイマイ

①タイマイはアオウミガメに比べ嘴が尖る。

②目の後ろ側の黒いウロコが3枚、さらにその後ろ側のウロコが少ない。

③下あごも黒い部分がある。

タイマイ
タイマイ

④甲羅の後ろ半分の縁がギザギザ飛び出ている。

アカウミガメ

沖合に多く生息する。

最近スキューバダイビングで見られなくなった。

名前のとおり赤茶色をしている。

甲羅の模様ごとに盛り上がる。

首がすこぶる太い、人間でいうと猪首タイプ。

撮影記録なし。

オサガメ

外洋性のカメ、クラゲを主食としている。

ビニールを食べて死ぬことが問題にされている。

背中の甲羅は皮膚で覆われ、5本の筋がはいる。

世界最大のウミガメ、前長2m。

肉は毒がある。

今まで見たことなし、撮影記録なし。

ダイビング中での見分け方

日本でウミガメを見たらほとんどアオウミガメ、またはタイマイ。

アオウミガメ
アオウミガメ

嘴が丸いのがアオウミガメ、尖っているのがタイマイ。

甲羅の縁が丸いのがアオウミガメ、尖っているのがタイマイ。

タイマイ
タイマイ

この2つでほとんど区別できる。