人気の手が臭くならないエサ アミ姫

フルーティーで汚れないエサ

オキアミ

アミ姫と言ってもゲームソフトのこといでない。

網でもない。

アミエビ(正式名:ツノナシオキアミ)のこと。

釣りで使うエサ

フルーティーな香りで汚れない釣りエサとして「アミ姫」が大ヒット。

生産が追いつかない状況。

アミエサは堤防や船釣りでイワシ、アジ、サバ、メジナ、イサキなどのプランクトンイーターの魚を釣る時に集魚用のコマセエサとして使われる。

このアミエサは通常冷凍されており解凍して使用する。

解凍して温まると数時間で色が黒くなり腐り始める。

臭いもアミ独特の強い臭い。

腐敗するとさらに臭いが倍増。

素手で触ると肌に炎症を起こす人もいる。

コマセ釣り

アミコマセはコマセカゴというザル状のカゴに入れて使用。

水中で振るとザルの間からアミコマセがこぼれて魚を寄せる。

コマセカゴの下には擬餌針を仕掛ける。

寄ってきた魚がアミと間違えて擬餌針を銜えるという釣り方。

マルキューの女性12名

女性でも手軽に釣りが楽しめる「アミ姫」を開発したのは埼玉県桶川市にあるマルキュー。

マルキューは釣り用の配合エサを手掛ける有名メーカー。

このたびはマルキユーの女性プロジェクトチーム12名が1年かけて海釣り用配合エサ「アミ姫」を開発。

実釣体験のおりにアミコマセの臭いに閉口。

女性や子供でも使い易いようにするために調査した結果、開発に進んだ。

女性に人気のコマセエサ アミ姫

アミ姫

フルーティーな香りになるように試行錯誤を繰り返した。

魚のエサとしてエビの形を出来るだけ残すように工夫。

手を汚さないようですむようにマヨネーズのようなチューブに入り。

常温使用で解凍する必要が無く、保存性も良い。

ネーミングやパッケージにもこだわった。

ついにアミ姫販売

今年2017年4月にアミ姫発売開始。

ネットや口コミで話題になり注文が殺到。

実際の売上は目標の3倍を超えている。

アミ姫は3タイプ

アミ姫は3タイプある。

アミ姫 600g入り、標準タイプ。

アミ姫キララ 600g入り、対象魚マアジにこだわり赤色を強くしたタイプ。

アミ姫 300g入り、内容量を半分にしたハーフタイプ。