いよいよ八丈島最後の夜は島料理

夕食は外食

島で一番という島料理の店へでかける。

味も値段も上々。

一年に一回の八丈島なのでちょっと贅沢。

ここも毎年楽しみにしている料理屋。

要予約

人気の店なので予約は必ず取る。

午後06:30にタクシーを予約。

店へ入るとカウンター前のテーブルへ通される。

とりあえず生ビールで乾杯。

そして注文した料理が順番に運ばれてくる。

今回のメニュー

鳥皮餃子

14日 八丈島 夕食 鳥皮餃子
14日 八丈島 夕食 鳥皮餃子

鳥かわ餃子は皮がパリッパリッ。

どうやら油で揚げてある。

餃子の皮は使わず鳥皮で餃子の具を包む。

油で揚げても中身がこぼれないのは隠し技。

レモンが合う。

島魚の刺身3点盛り

14日 八丈島 夕食 島で捕れた魚の刺身
14日 八丈島 夕食 島で捕れた魚の刺身

島で捕れたお薦め3種の刺身。

どれも綺麗で旨そうだ。

左からアカサバ(ハチビキ)オナガダイ(ハマダイ)アイッパラ(スマガツオ)

どれも脂がのっている。

アカサバもオナガダイも赤い魚、100~200mの深い深度に棲んでいる。

ダイビング中に見ることは無い魚。

味は脂がありながらサッパリ。

スマはカツオに似ている。

胸ビレのあたりに三つの黒点があるのが特徴。

あまり数が捕れない。

旨いので釣れると漁師は売らないで自分で食べてしまう。

釣れたての魚を刺身にして旨いと思ったのはスマがだけ。

3種類とも上品な味わい

ネリの天ぷら

14日 八丈島 夕食 ネリの天ぷら
14日 八丈島 夕食 ネリの天ぷら

八丈島での定番に最近なってきたネリの天ぷら。

ネリとは八丈島で穫れたオクラ。

甘いたれがかかる。

歯ごたえ、カリッ!

のあとはオクラの軟らかい味がのびる。

ビールが進む。

タコの唐揚げ

タコの唐揚げ
タコの唐揚げ

また揚げ物。

ほんとうは赤みそのもつ煮を頼みたかったのだけれど今日は売り切れ。

無いとなるとなお食べたくなる。

我慢したら好きなタコカラを注文していた。

くさやチーズ

14日 八丈島 夕食 くさやチーズ
14日 八丈島 夕食 くさやチーズ

くさやとチーズのコラボレーション。

味は甘くて良い、けれど匂いはくさや。

人によっては匂いがきつくてダメな人もいる。

それをなんと同じく匂いの強いチーズに混ぜた。

食べてみるとくさやがまろやかに。

お待ちかねの島料理

づけの握り島寿司

14日 八丈島 夕食 お待ちかねの島寿司
14日 八丈島 夕食 お待ちかねの島寿司

お待ちかね~。

島寿司。

島で捕れた魚を使って寿司を作る島の家庭料理。

ワサビが無いので黄色い洋辛子を使用。

魚は漬けにしてある。

今回のネタはアカサバ、オナガダイ、メダイ

中央は岩ノリの握り、これがまた美味!

トビウオのさつま揚げ

トビウオのさつま揚げ
14日 八丈島 夕食 トビウオのさつま揚げ

八丈島で捕れたトビウオを使ったさつま揚げ。

小型のさつま揚げ。

おでんに入れても美味しそう。

味は標準。

岩ノリの味噌汁

14日 八丈島 夕食 岩海苔の赤だし味噌汁
14日 八丈島 夕食 岩海苔の赤だし味噌汁

そして外せないのがこの岩ノリの味噌汁。

赤味噌を使った味噌汁が今年は白味噌に変わっていた。

岩ノリの深い味わいが舌から鼻に流れていく。

たっぷり入った岩ノリが嬉しい。

岩ノリのお茶漬け

岩海苔のお茶漬け
14日 八丈島 夕食 岩海苔のお茶漬け

初めて頼んでみた。

岩ノリのお茶漬けというのも珍しい。

見た目は同じに見えるけど味噌汁とは味が違う。

すまし汁に岩ノリの香りいっぱいのお茶漬け。

病みつきになりそう。

いよいよ明日はリターン。

ダイビングも今日で終わり。