ダイビングを始めるなら知っておくべき

ダイビング中は大きく息を吐く

あなたが初めてスキューバダイビングをするなら覚えておくと良い事。

水中でレギュレターをくわえたら口から息を吐くこと。

吸うことは一切考えなくていい。

ただひたすら長く大きく息を吐く。

吸うことは無意識にできる。

息を大きく吐くことだけに集中。

もちろん息を止めるのはタブー。

吸うのは簡単、無意識でもできる

スキューバダイビングで息を吸うことはとても簡単。

無意識でもできる。

けれど水中に初めて潜ると興奮して息を吐けない人が多い。

息が吸えなくなる恐怖からくる自己防衛反応。

その結果、息が吐けないと浅い呼吸が続き、息苦しくなる。

こうなると悪循環。

怖さと息苦しさでダイビングどころではなくなる。

最終的にはパニックとなる。

初めてのスキューバダイビングをする時はゆっくり長くたくさん息を吐くことを忘れてはいけない。

大きくゆっくり息が吐ければ楽に息を吸うことができる。

10回続けて大きく息を吐こう

大きくゆっくり息を吐くことが出来れば、次も吐くことだけに集中。

その呼吸を10回は続ける。

大きくゆっくりした呼吸ができると気持ちが落ちついてくる。

怖さや恐怖も薄くなる。

いつでもこの大きくゆっくりした呼吸を続ける。

慣れて無意識に出来るようになるのにそんな時間はかからない。

無意識に楽な呼吸ができるようになればラッキー。

上手なダイバーになれる素質十分。

水中でトラブルに遭遇したら

トラブルがあった時も

水中で何かトラブルに遭遇したら、息苦しく感じ始める。

たぶん呼吸が浅く早くなっている。

大きくゆっくり吐く呼吸を思い出す。

大きく息を吐けば直ぐに呼吸が楽になり、気持ちが落ち着いてくる。

遭遇したトラブルもたいしたトラブルではなくなる。

陸上では無意識にできることも水中では頭で理解しておかないと難しい。

スキューバダイビングで大切なこと

スキューバダイビングで大切なことは2つ。

いつでも大きくゆっくりした呼吸をすること。

それと落ちつくこと。

基本中の基本。

是非、覚えておくこと。

最初のうちは緊張と興奮で呼吸をコントロールするのは大変。

けれど楽しみながら潜り続けることで楽な呼吸が出来るようになる。

たくさん潜って体と呼吸を慣らす。

楽しい安全なダイビングへの近道。