オクトパスはレジャーダイバー全員で使用

ダイビングのオクトパスとは

オクトパスとは英語でタコ。

ダイビングでいう予備の空気源オクトパスはホースが1本増える様をタコの足に例えている。

予備の空気源はオクトパス以外にもインフレーター供給タイプやポニーボトルなどがある。

40年前のダイバーはほとんどオクトパスなし

今から40年前、ほとんどのダイバーはオクトパスを取り付けていなかった。

オクトパスを取り付けているのはダイビングインストラクターまたはそれに近い人だけ。

エアー切れの際にはオクトパスが非常に効果的にダイバーを安全にする。

それから10年ほど過ぎてリクレーションダイバーはオクトパスの装着が義務とった。

オクトパスは右側につけるべき?左側につけるべき?

オクトパスは右側にも左側にもチェンジ可能

オクトパスはレギュレターのファーストステージに取り付けて使用する。

好みで右側から出すことも、左側から出すことも可能。

どちら側から出しても機能は失われない。

そのメリットデメリットの主張は賛否両論。

右側からオクトパスを出すことのメリットとデメリット

もし、自分が呼吸しているメインのセカンドステージをバディーに奪われたらどうする?

右側から出ているオクトパスなら自分で咥え易い。

けれどバディーにオクトパスを与える場合には向きが逆になるため与えにくい。

バディーとはす向かいをみるようなポジションになる。

左側からオクトパスを出すことのメリットとデメリット

オクトパスを相手に与えるのに一番あげやすいポジション。

相手にオクトパスを与えた後、浮上する時もアイコンタクトが十分にとれる。

デメリットは自分が呼吸しているメインのセカンドステージをバディーに奪われた場合、自分でオクトパスがくわえづらい。

オクトパスの右側、左側、は考え方の違い

以上のとおり、自分が呼吸してるセカンドステージをバディーに奪われた場合を重く想定する人は右側からオクトパスを出すように取り付けている。

異国人に多い傾向。

エアー切れでも相手の呼吸しているセカンドステージを奪いたくない、と考える人は左側からオクトパスが出るように取り付けている。

オクトパスはいつでも緊急事態には誰でも自由に使える。

日本人は左側にオクトパスをつけている人を多く見る。

教えてくれたインストラクターの影響が多い。