スキューバダイビングとリブリーザー

スキューバとは

自給気式水中呼吸装置

スノーケリング、スキンダイビングの次はやっぱりスキューバダイビング。

スキューバとは何か?

自給気式水中呼吸装置のこと。

Self contained underwater breathing apparatus.

英語では Self contained underwater breathing apparatus.

頭文字をとってSCUBAとなる。

一人ひとりが独立したタンクを所有し、個々のタンクに呼吸装置を装着。

水中で各々が独自に呼吸をする。

スキューバ

スクーバダイビングとスキューバダイビングはどっちが正しい?

アメリカ読みするとスクーバ、ヨーロッパ読みするとスキューバ。

発音の違いでどちらも間違えではない。

方言みたいなもの。

スキューバダイビングと送気潜水は違う

シュノーケリングは水面だけ、スキューバダイビングとは水中に潜る。

スキンダイビングのように息を止めない、呼吸をしながら潜る。

作業ダイビングでは船上のコンプレッサーからホースを通して送られてきた空気を呼吸して潜水する方がある。

これはスキューバダイビングとはいわない。

送気潜水という。

水中で単独で呼吸できる

一人ひとりが単独で呼吸できる装置を身に着けて水中に潜る。

一般的に行われているスキューバダイビングは約200気圧に圧縮した空気をタンクに充填。

圧縮した空気を呼吸するためにレギュレター(調整器)を使用する。

レギュレターで楽に呼吸ができる

レギュレターはタンク内の200気圧の高圧空気を呼吸し易い周囲と同じ圧力に下げる。

吸えば楽に空気が口に入り、吐けば楽に空気が口から出せる。

とても便利な器材。

深くなると水の重さで水圧が変わる。

レギュレターから出てくる空気は深度に応じた圧力の空気が自動的に出てくる。

ゆえに水中でも陸上と変わらない呼吸が出来る。

リブリーザー

オープンサーキットスキューバとリブリーザー

一般に知られているスキューバダイビングは吐いた空気を水中へ放出する。

このスタイルをオープンサーキットスキューバという。

それとは反して吐いた息を一部再利用して呼吸するセミ・クローズド・リブリーザーという。

また、吐いた息を全て再利用して呼吸するスタイルをクローズド・サーキット・リブリーザーという。

吐いた吐息を再生

吐いた息の中の二酸化炭素を薬品で除去し、酸素を足して循環させる。

リブリーザーとは吐いた空気を再生する装置。

スキューバダイビングが上達したらリブリーザの使用も可能。

リブリーザーの器材ユニットは100万円~400万円ほど。

リブリーザーのスペシャルティーコースは

各メーカーごとにリブリーザーの使い方が違う。

リブリーザーのスペシャルティーコースは1つの機種の使い方を学ぶ講習。

教わったモデルのみの使用が出来るようになる。