ピンポン玉スノーケルはこんな形

話だけでは良くわからない。

ピンポン玉スノーケルのイラストを描いてみた。

ピンポン玉スノーケル
ピンポン玉スノーケル

確かこんな形だった。

スノーケルの先端が逆向きになっていて、そこに小さなカゴが付いている。

かごの中にはピンポン玉が入っていた。

カゴの中のピンポン玉は外に出ない。

動作

水中に潜るとピンポン玉が浮く、スノーケル先端の管の入り口を塞ぎ、水が入らないように蓋をする。

水面に戻るとピンポン玉がカゴの中に落ち、呼吸ができるようにようになる。

実際は

でも実際はそんなにうまくいかない。

水中に潜るとピンポン玉は浮く、スノーケル先端を塞ぐ時もありるが必ずではない。

ずれて水が入ることもある。

また、素潜りした後は息が苦しい、水面に上がっておもいきり息を吸うとピンポン玉は吸引される、そして見事スノーケル先端の管の入り口を塞ぐ。

息を吸うことがでず大きく慌てる。

役にたたないピンポン玉スノーケル

結局はスノーケルを外し、直接口で息を吸う事態になる。

まるっきり役にたたない。

スノーケルを使う方が苦しい。

恐怖のピンポン玉スノーケル

私が持っていたピンポン玉スノーケルはさらに凄い。

以下のようなデザインだった。

恐怖のピンポン玉スノーケル

スノーケルの先端は上を向いた状態でカゴが付いていた。

カゴの中には同じようにピンポン玉が入っている。

特徴

このスノーケルの特徴は水中に潜るとピンポン玉が浮いて水が入ってきくる。

水面に戻るとピンポン玉が落ちてスノーケルの先端を塞ぐ。

つまり水中に潜れば水が入り、水面に浮けば息が吸えない、恐怖のピンポン玉スーケルだった。

なんでこんなスノーケルが商品になったのか?不思議でしょうがない。

最初このピンポン玉スーケルを手にし、カッコ良いと思った。

何か特別なものがついている。

しかし実際に使うと呼吸が出来ない恐怖のピンポン玉スノーケル。

なんども溺れそうになった。

改良

その後、恐怖のピンポン玉スノーケルを見つめしばらく考た。

カゴとピンポン玉があるから息が出来ない、ならばそれを外せばよい。

恐怖のピンポン玉スノーケルはただのスノーケルに変身。

これで息が出来ると納得。

母の言葉

それを見ていた母親は
「なんで買ってやったものを大事にしない!
あんたにはもう何も買ってやらない!!」
と怒られた。

その3日後、朝刊にピンポン玉スーケルでの事故が載った。

ピンポン玉が原因で死人が出た、それは1件だけではない。

危ないのでピンポン玉を外すように勧めてあった。

そして犠牲者が一人増える前にピンポン玉を外すことが許された。