マスクは何故くもる

新品のダイビングマスクはくもり止めの溶剤を使用してもくもる。

新品のマスクは装着の前に準備しなければいけない事がある。

マスクのオイル落しが必要

新品のマスクはオイルを落さなければくもり止め溶剤を使用してもくもってしまう。

マスクの製造工程の関係でシリコンオイルがレンズとシリコンゴムに付いている。

このシリコンオイルを落とせばくもり止め効果が得られる。

しかし通常のオイル落しでは雲り止め効果が得られないマスクもある。

頑固な曇り

これはマスクの主体シリコンゴムが原因。

シリコンゴムから長時間シリコンガスが出るため。

初回だけのオイル落しだけではオイルが除去出来ない。

一般的なオイル落し

バスジフ

バスジフを使用する。

他には歯磨き粉や中性洗剤、メラミンスポンジでもOK。

マスクレンズの内側全体を上記の溶剤で根気よくこする。

短くて1分、長くて3分、マスクによって違う。

確認の仕方

効果的にオイルが落ちたかどうかの判断は水で良く洗った後、濡れた状態のままマスクを顔に当てて鼻から息を10回マスク内に吐く。

オイルが落ちていればくもらない。

オイルが落ちていなければその部分がくもる。

くもっている場所があればその部分のオイル落しを続ける。

曇りの強いマスク

くもりが強いマスクはレンズだけでなくシリコンゴムにもオイルが付いている。

マスク全体を洗ってオイルを落とす。

手にもオイルが付いているので手のオイルも洗い流す。

ファンデーションや日焼け止め

くもらなかったマスクでもファンデーションや日焼け止めがレンズの内側に付いてしまう。

そうすると途中からくもりだす。

器材洗い場の水にカメラのシリコンオイルが入ってしまっているような時もくもるようになる。

くもり止めは最初だけでなく適宜にくもり止めする必要がある。

アンチフォグシートは便利。

をマスクレンズの内側に貼るとくもらない。

頑固なくもりマスク

シリコンガスが出続けるマスク。

厄介なのはこのタイプのマスク。

ガス抜きが必要

何回オイル落しをしても、マスク全体を洗ってもくもってしまうマスクはガス抜きする時間が必要。

ビニール袋や容器から出して日陰に置いて外気に長時間外気に触れさせてガス抜きをする。

直射日光に当てておくと色が変色するので注意。

最後の手段は湯

これは自己責任で。

お湯を使う方法。

どうしても曇るマスクは80℃以下のお湯で煮てガスを抜く方法がある。

湯温が高いとマスクが変形してダメになってしまう。

注意が必要。