千円札の裏、左上部には2か所

昨日に続いて今日は千円札の裏を見てみる。

表側に比べるとさっぱりしている。

富士山にも本栖湖に映った逆さ富士にも隠れた文字は見つからない。

おかしいのは富士山と湖に映った逆さ富士が同じに見えないところ。

左下の桜にも隠し文字らしきものは見つからない。

 左上部のやや右側

左上部のやや右側に円で何重にも書かれた模様の中に藤色で湾曲にNIPPONGINKOと書いた文字が見える。

左上部のやや下

左下がりの青い線がNIPPONGINKOと書いた文字になっている。

中央部分は無し

中央部分には何も見つけられない。

右上部の3つ並んだ桜

左上の桜のめしべがひとつ「ニ」になっている。

右上の桜のめしべ下側に「ホ」の文字が見える。

下の桜のめしべ右側に「ン」の文字を確認できる。

続けて読むとニホン。

1000の下YEN

1000の下のYENのアルファベットの中にNIPPONGINKOの文字が見える。

YENの字の中線に見える部分。

Yの字は中央の線が右に登っていくNIPPONGINKOの文字が見える。

Nの字は縦の線がNIPPONGINKOの文字になっている。

Nの字は左右縦の線の中にNIPPONGINKOの文字が確認できる。

右下のウニのようなマーク

右下のウニのようなマークに隠れている。

波型で円の中線に藤色の文字でNIPPONGINKOの文字が見える。

その内側は緑色で1000の文字、更に内側にも1000の文字が確認できる。

右下の青い線

右下の青い線の青い線の右側部分がとても小さいですがNIPPONGINKOの文字が見える。

NIPPONGINKOが8カ所、ニホンが1カ所、1000の文字が2か所見つけられた。

千円札裏表で20カ所以上の隠し文字があった。